ジャルジャル、千葉県民のキャラを絶賛「大阪人より濃いんちゃうか?」

お笑いコンビのジャルジャルが、チバテレ(千葉テレビ)の新番組『ジャルッと!爆ハリ!』(3月4日スタート、毎週金曜23:30~24:00)で、関東初の冠番組を持つことになり、このほど、ロケ現場の千葉・船橋市内で取材に応じた。

新番組『ジャルッと!爆ハリ!』に出演するジャルジャル(後藤淳平<左>と福徳秀介)

この番組は、ジャルジャルが千葉県内の街に繰り出し、悩みを聞いてその場で解決方法を提案・実行。それを街の人が判定してスタンプカードに"ジャル印"を押して、ある程度貯まったらチバテレ幹部に提出し、ゴールデンタイムへの昇格を目指すという内容だ。

後藤淳平は、それよりも大きな目標を掲げ、「千葉から全国へ、そして全国から全世界へ。ここが僕らのエンタテインメントの発信基地となるように、全力でやっていきたいなと思っておます」と抱負。一方の福徳秀介は「とりあえず最初は、千葉県民の方々に愛されるように、ロケ中はずっと媚(こび)を売ってやっていきたいと思います」と、まずは足元を固めていく考えを示した。

この日までに2つの市でロケを行ってきた2人。千葉県民の印象について、後藤は「船橋の人はすぐ家に入れてくれる」、福徳は「柏の人は夜勤明けの方が異常に多い」と独特な習性を感じた様子だ。

街の人に押してもらうスタンプカード(左)と"ジャル印"

また、福徳は「思いの外、千葉県民の方は、(2人の地元である)大阪人より濃いんちゃうか?っていうくらい、おもしろ人間が多いですね」と、そのキャラクターを絶賛。後藤も「逸材がゴロゴロいてて、なおかつその逸材たちが取材OKで優しいんです」と懐の深さを喜んでおり、これに乗じて、後藤は「家に入って模様替えとかしたいですね」、福徳は「その家の人と一緒にお風呂に入りたい」と意欲を示した。

一方で後藤は、ある家に訪問した際、少年から小さな水泳帽をもらい、それからピチピチの状態でかぶり続けてロケをしているそうで「頭がうっ血して、後半は何も考えられないくらいの状態でした」と多少の後悔も見せていた。

この時点で最も手応えのあった悩みの解決は、髪が切りたてでセットできていない人をオールバックにしてあげたこと。後藤は「これをきっかけに、1オンエア1人オールバックを目標にやってまして、裏テーマとして、できる限り千葉の人でオールバックを増やしていきたい」と意気込んだ。

柏ロケの様子

船橋ロケの様子

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事