ヤマハ「XSR900」発売、レトロな外観と先進技術あわせ持つ新カテゴリー提唱

 

ヤマハ発動機は23日、レトロな外観と先進技術によるパフォーマンスをあわせ持つ新しいカテゴリー「Neo Retro」を提唱するロードスポーツの新製品「XSR900」、同社創業60周年記念カラーの「『XSR900』60th Anniversary」を4月15日に発売すると発表した。

ヤマハ「XSR900」(マットグレーメタリック3)

「XSR900」は、現行「MT-09」に搭載されているクロスプレーンコンセプトにもとづく845cc水冷直列3気筒・DOHC・4バルブエンジンを搭載し、走行状況や好みに応じてエンジン特性を3種から選べる走行モード切替システム「YAMAHA D-MODE」も採用。発進・加速時に良好なトラクションをもたらすTCS(トラクションコントロールシステム)、減速時の穏やかな車体挙動やクラッチ操作荷重を軽くするA&S(アシスト&スリッパー)クラッチ、ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)なども装備した。

ボディは、オーセンティックなイメージを強調するCMFG(カラー・マテリアル・フィニッシュ・グラフィック)デザインを織り込み、多彩な加工法による金属の素材感で表現。タンクカバーとリアフェンダーにはアルミプレス材、サイドカバーパネルとメーターブラケットには5mm厚アルミプレス材などを採用し、金属が持つ素材感を強調しながら、シンプルなシルエットとしている。カラーは「マットグレーメタリック3(マットグレー)」「グレーイッシュブルーメタリック4(ブルー)」の2色を設定した。

「XSR900」(グレーイッシュブルーメタリック4)

「『XSR900』60th Anniversary」(ライトレディッシュイエローソリッド1)

同社創業60周年記念カラーの「『XSR900』60th Anniversary」は、標準モデルの仕様のまま、"スピードブロック"グラフィックを織り込んだアルミ製タンクカバー、ゴールド仕上げのフォークアウターチューブ、ブラック塗装のヘッドランプケース、イエローのコイル採用リアサスペンション、専用エンブレムなどを採用。2月23日から9月末日までの受注期間限定モデルとなっている。カラーは「ライトレディッシュイエローソリッド1(イエロー)」の1色を設定した。

価格は、「XSR900」が104万2,200円、「『XSR900』60th Anniversary」が107万4,600円(ともに税込)。

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

宇宙人のメッセージ? - 太陽系から94光年離れた恒星系より"強い信号"を受信
[09:24 8/31] テクノロジー
【特別企画】若手にこそ新製品開発のチャンスを- 老舗切削工具メーカータンガロイ社員に直撃
[09:00 8/31] テクノロジー
無償でもこんなに使える! LibreOffice基本講座 第9回 タイトルや見出しで移動する
[09:00 8/31] 企業IT
ゼロからわかるEMC 第5回 EMCの試験 - EMS
[09:00 8/31] テクノロジー
受動喫煙による肺がんリスクは約1.3倍 - 国がんが日本人を対象に解析
[08:30 8/31] テクノロジー