みずほ銀行、アプリにマネーツリーのサービスを採用

 

みずほ銀行とマネーツリーは2月22日、みずほ銀行のスマートフォンアプリ「みずほダイレクトアプリ」にマネーツリーの金融インフラサービス「MT LINK」を活用することを発表した。メガバンクとスタートアップ企業の初の技術的な連携となる。

マネーツリー代表取締役のポール・チャップマン氏とみずほフィナンシャルグループ インキュベーションPT PT長の阿部展久氏

お金の状況を"見える化"する機能を追加

MT LINKは、銀行口座、クレジット、電子マネー、ポイントの情報を一つにまとめた金融データのクラウドサービス。いつどこでお金がどう動いているか、既存のシステムと連携し、活用できる仕組みだ。

みずほ銀行はこれを活用して、アプリの機能向上を目指すという。具体的には4月上旬、アプリ内に「一生通帳 by Moneytree」の機能を追加する。登録以降の入出金明細照会が一生閲覧可能なほか、登録したみずほ銀行預金口座の合算残高が表示できる。

みずほダイレクトアプリ内「一生通帳 by Moneytree」画面イメージ

機能の一つとして追加される

みずほ銀行預貯金口座の合算残高を表示

入出金明細照会が一生閲覧できる

さらに、マネーツリーアプリとの認証連携、スムーズな初回登録機能、UI・UX(デザイン、使い勝手、顧客体験等)などマネーツリーのノウハウや技術を導入する。

同日開催された記者発表会で、みずほフィナンシャルグループ インキュベーションPT PT長の阿部展久氏は、「お客さまにお金の状況をいかに"見える化"するかが最大のポイントだと思っております。こういった機能を用意することで、ほかの金融商品を検討することや貯蓄のポイントについて考えていただく一つのきっかけになるのでは」と話した。

マネーツリーは2012年に起業。2013年に個人資産管理アプリ「Moneytree」、2014年にモバイル経費精算サービス「Moneytree PLUS」、モバイル法人口座管理サービス「Moneytree PRO」をスタートしている。MT LINKはこれらのサービスのプラットフォームとなっている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

岡田准一、丸眼鏡かけ船上で凛とした表情! 『海賊とよばれた男』初映像公開
[21:30 7/28] エンタメ
楽天、世界のビジネスを要約するgetAbstractへ出資
[21:13 7/28] 企業IT
日本HP、バッテリ駆動で最大500枚まで印刷できるA4インクジェット複合機
[20:54 7/28] パソコン
MSI、マザーボードにマウスなどハンドルしたGAMING KITをPCワンズで販売
[20:51 7/28] パソコン
KDDI、カメラの使いやすさを追求したシニア向けスマホ「BASIO2」8月5日発売
[20:49 7/28] スマホとデジタル家電