エンタミクスで猫マンガ特集、映画「珍遊記」を語る画太郎インタビューも

 

エンタミクス4月号特集「にゃんこ漫画名作図鑑 キュンキュンシーン30連発」より。

本日2月20日発売のエンタミクス4月号(KADOKAWA)には、猫マンガを特集した「にゃんこ漫画名作図鑑 キュンキュンシーン30連発」が掲載されている。

「にゃんこ漫画名作図鑑 キュンキュンシーン30連発」では大島弓子「綿の国星」、安孫子三和「みかん・絵日記」、須藤真澄「長い長いさんぽ」など往年の名作から、そにしけんじ「猫ピッチャー」など近年のヒット作まで、新旧の猫マンガ30タイトルをピックアップ。癒される日常系から感動ストーリー、笑えるギャグ作品まで、猫マンガの多様な魅力が紹介された。

また今号では「イカ、よろしくー」「V8!」などの流行語をおさらいできる「ググッても意味不明だった今旬ワード10秒マスター」を巻頭で展開。春映画の特集コーナーでは「珍遊記」が取り上げられ、原作者・漫☆画太郎のインタビューが掲載されている、


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

テリー伊藤、高畑淳子への影響を心配「バカ息子と一緒…共倒れの可能性が」
[11:06 8/28] エンタメ
松本人志、高畑裕太容疑者の母・淳子に苦言「息子にしっかりと怒りを」
[11:01 8/28] エンタメ
ラブリ「まだまだ恋愛をしたいです」初の写真詩集を出版
[11:00 8/28] エンタメ
Linuxが最初にリリースされた時のアナウンスメールからわかること
[11:00 8/28] 企業IT
自腹で買ったカバン、今までの最高額は何円?
[11:00 8/28] マネー

本音ランキング