「トミーカイラ ZZ」量産開始 - 京都府舞鶴市の赤レンガパークにて特別展示

 

GLMはこのほど、EVスポーツカー「トミーカイラ ZZ」が昨年12月から小阪金属工業で量産体制に入ったことを記念し、量産開始記念展示を行うと発表した。京都府舞鶴市の協力の下、「赤れんがパーク5号棟」に展示する。

GLM「トミーカイラ ZZ」

同社が開発・販売する「トミーカイラ ZZ」は、約20年前に京都が産んだ伝説のスポーツカー「トミーカイラ ZZ」のコンセプトを引き継ぎ、GLMが車体・パワートレインなど、すべてを新規設計して蘇らせたモデル。0-100km/h加速3.9秒というEVならではの圧倒的な加速力と、850kgという軽量な車体を実現している。そのダイレクトなハンドリングは世界でも類を見ないもので、国内外から大きな関心が寄せられている。

量産開始を記念した特別展示は、3月21日から4月3日までの14日間、京都府舞鶴市「赤れんがパーク5号棟」を会場に開催。「トミーカイラ ZZ」の実車を展示するほか、プラットフォームの一般公開や試乗会なども予定されている。

「トミーカイラ ZZ」の価格は800万円(税別)。クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助事業(CEV補助金)の対象車種であるため、最大85万円の補助を受けられる。

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

IBM、国内のFinTech企業と「FinTech共通API」の接続検証を実施
[15:00 6/28] 企業IT
[トレンディエンジェル]今年はM-1出場せず 「得してるイメージない」
[14:39 6/28] エンタメ
セコム、ファイル検査付きインターネット分離クラウドサービスを提供
[14:37 6/28] 企業IT
【レポート】パウダースノーにてんこ盛り! 初上陸の韓国かき氷"ソルビン"は発掘も楽しい
[14:26 6/28] 趣味
【レポート】海外のラーメンブームに乗れるか? 吉野家が「せたが屋」で勝負に出る
[14:25 6/28] 経営・ビジネス