「トミーカイラ ZZ」量産開始 - 京都府舞鶴市の赤レンガパークにて特別展示

 

GLMはこのほど、EVスポーツカー「トミーカイラ ZZ」が昨年12月から小阪金属工業で量産体制に入ったことを記念し、量産開始記念展示を行うと発表した。京都府舞鶴市の協力の下、「赤れんがパーク5号棟」に展示する。

GLM「トミーカイラ ZZ」

同社が開発・販売する「トミーカイラ ZZ」は、約20年前に京都が産んだ伝説のスポーツカー「トミーカイラ ZZ」のコンセプトを引き継ぎ、GLMが車体・パワートレインなど、すべてを新規設計して蘇らせたモデル。0-100km/h加速3.9秒というEVならではの圧倒的な加速力と、850kgという軽量な車体を実現している。そのダイレクトなハンドリングは世界でも類を見ないもので、国内外から大きな関心が寄せられている。

量産開始を記念した特別展示は、3月21日から4月3日までの14日間、京都府舞鶴市「赤れんがパーク5号棟」を会場に開催。「トミーカイラ ZZ」の実車を展示するほか、プラットフォームの一般公開や試乗会なども予定されている。

「トミーカイラ ZZ」の価格は800万円(税別)。クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助事業(CEV補助金)の対象車種であるため、最大85万円の補助を受けられる。

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

上場企業の平均年間給与は622万3000円、トップ企業は1741万円
[14:22 7/27] 企業IT
Nutanix、ハイパーコンバージド製品のDockerサポートなど新機能を発表
[14:06 7/27] 企業IT
御伽ねこむが第1子出産を報告、藤島康介氏とは「一緒にいて一番の幸せ」
[14:05 7/27] ホビー
駅やホームにポケモン出さないで! 全国のJR・私鉄が「ポケモンGO」に要請
[14:01 7/27] スマホとデジタル家電
メルセデス・ベンツ新型Eクラス発表、自動運転へ"ドライブパイロット"搭載
[13:59 7/27] ホビー