ポルシェ「919 ハイブリッド」中枢部、4気筒ターボエンジンのイラスト公開

ポルシェAGはこのほど、2015年のル・マン24時間耐久レースで優勝した「919 ハイブリッド」の中枢部であるエンジンのイラストを初めて公開した。2.0リットルという小排気量ながら、単独で500PS、システム全体で900PSを発揮する。

ポルシェ「919 ハイブリッド」4気筒エンジン

ポルシェは2014年にFIA世界耐久選手権(WEC)のトップカテゴリーに復帰し、2015年にはル・マン24時間レースでワンツーフィニッシュ、WECマニュファクチャラーズ、ドライバーズチャンピオンシップの両世界選手権タイトルも獲得した。そのレーシングマシン「919 ハイブリッド」は、後輪駆動4気筒ターボチャージャー付エンジン、排気エネルギー回生システム、フロントアクスルのエレクトリックシステムの駆動によりエネルギーを蓄積する最新のリチウムイオンバッテリーテクノロジーなどが採用されている。

公開された4気筒エンジンは2.0リットルという小排気量で、ポルシェがこれまでに製造した中で最も効率的なエンジンだという。シリンダーレイアウトは90度V型で、2015年のル・マン24時間レースで総合優勝を飾ったユニットは最高出力500PS以上だった。2016年はレギュレーションによって消費燃料を削減する必要があるため、最高出力は500PSを下回るが、8%の燃料低減を果たしている。

発売間近の「718 ボクスター」の新しい4気筒エンジンにも、「919 ハイブリッド」のテクノロジーが採用される。たとえばシリンダー間の距離(ボアピッチ)、ショートストローク、センター・ダイレクト・フューエル・インジェクションにそのノウハウが生かされる。

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事