及川光博、キザな役回りは「不慣れ」!? 高畑充希と抜群のコンビネーション

朝ドラ『とと姉ちゃん』に出演する及川光博

俳優の及川光博が15日、東京・渋谷のNHK放送センターで行われた、連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(4月4日スタート、毎週月曜~土曜8:00~8:15)の新キャスト発表会見に登場し、「キザな役回りは全く不慣れなので…」と、おどけてみせた。

連続テレビ小説第94作目となる同ドラマは、戦後の昭和・激動の時代に、高畑演じるヒロイン・小橋常子が小さな出版社を興し、庶民の目線に立った「あなたの暮し」という雑誌作りに奮闘するというストーリー。及川は、常子が新聞広告を見て入社してきた出版社のメイン編集者・五反田一郎役を演じる。

嫌みのない遊び人で、いい女を見つけると手当たり次第に口説き始めるという性格…まさに及川の真骨頂のような役柄だが、本人は「キザな役回りは全く不慣れなので…」と信じられないひと言を放ち、会場を笑わせた。

また、主演の高畑充希の印象を聞かれると「どんな役でも作品でも、楽しんで演じているんだろうな」と感想。実際に本人に「楽しんでますか?」と確認すると、高畑は「楽しんでます!」と笑顔で即答。それを受け、及川は「オッケィ!」とテンポの良いやり取りで、抜群のコンビネーションを見せた。

山口智充の現在(左)と15年前に撮影した宣材写真

このほか、同会には唐沢寿明、山口智充、伊藤淳史も登場。山口は、五反田の勤める出版社の社長兼編集長・谷誠治役を演じるが、配布資料の宣材写真が15年前のものだと明かし、「新しく撮らなきゃね、と言っていたところにこのお仕事が決まったので、すいません!」と謝っていた。

また、「あなたの暮し」創刊の際に経理担当として雇われる水田正平役を演じる伊藤は、制作統括の落合将チーフ・プロデューサーから「史上最強のイケメン4名です!」と紹介され、恐縮しきり。「僕は表に出ない、内面のイケメンを出していければ」と抱負を語った。

伊藤淳史

唐沢寿明

高畑充希

集合ショット

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事