"生ビール一生飲み放題"の権利、ついに発売 - 価格はお得な10万円

 

NEXT STANDARDはこのほど、同社が運営する「スナックうまい棒」(福岡県北九州市)にて新サービス「FREE BEER(フリービアー)」の提供を開始した。

「一生分の生ビールを10万円で飲むことができる」サービスを提供

同店は、2万本の「うまい棒」に囲まれて酒を楽しめるスナック。チャージ500円(税込)のワンドリンク制で、「うまい棒」は食べ放題、手に持てるだけなら持ち帰りも自由となっている。

今回開始した「FREE BEER」は、「一生分の生ビールを10万円(税別)で飲むことができる」サービスとなる。

企画の発端は、「生ビールを愛するお客様が年間にいくらビールにお金を費やすのか」を計算したことにあるという。週に2度の外食でそれぞれ600円のビールを2杯飲んだと仮定すると、ひと月あたり約1万円のビール代がかかる。年間換算では約12万円となり、20歳から80歳までの60年間で考えると、720万円もの金額をビールに費やすことになることが判明。「一生で720万円ものお金を、生ビールに費やすなんてもったいない!」との思いで、同サービスが考案され、提供開始となったとのこと。

うまい棒で埋め尽くされた「スナックうまい棒」

一生分の生ビールが10万円という価格設定について同店は、「一度料金を支払った後は、生ビールを一生飲み続けることができる」「長期的に考えるとビール代が絶対的にお得」「定期的にお店に足を運ぶことになるので、ビール仲間ができる」としている。2月末までの限定販売を予定しており、すでに申し込みを済ませ、権利を獲得する見込みの利用者も数人存在するという。

同店ではそのほかにも、5万円(税別)で1年間、1万円(税別)で1カ月間生ビールを好きなだけ飲める権利も用意。これらの権利は3月以降も販売を継続する予定となっている。ただし、同店では「しかしどうせなら、一番お得な"一生分のビール飲み放題"の権利をオススメいたします」とコメントしている。

同店ではほかにも、月額540円(税込)でランチタイムのカレーが毎日無料になるサービスも展開している。地元ではむしろ、「こちらのサービスの方が有名かもしれない」と同店もコメントしている。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

和田アキ子、高知容疑者に"なんで?"連発「奥さんいらっしゃるのに」
[15:05 6/26] エンタメ
指原莉乃、総選挙二連覇も批判の声が相次ぎ「傷つきました」
[14:32 6/26] エンタメ
浜口順子、31歳の誕生日に結婚「ええ嫁はんになれるように頑張ります!」
[14:13 6/26] エンタメ
「ククルス・ドアンの島」ガンダムエース15周年を記念して連載開始
[14:13 6/26] ホビー
[この素晴らしい世界に祝福を!]テレビアニメ第2期が17年1月スタート
[14:10 6/26] ホビー