高瀬理恵が乱ツインズで池波正太郎の短編「雨の杖つき坂」をマンガ化

  [2016/02/13]

「雨の杖つき坂」の見開き扉ページ。

本日2月13日に発売されたコミック乱ツインズ3月号(リイド社)には、池波正太郎の原作を高瀬理恵が描く読み切り「雨の杖つき坂」が掲載されている。

「雨の杖つき坂」は、縄張り争いを巡っての暗殺騒動を巻き起こした2人の男を軸に描く時代劇。暗殺に失敗したことで行方をくらまし、今ではうどん屋を営む男たちのもとに、彼らを始末せんと追手がやって来たことから物語は動き出す。

本作は池波の短編をさまざまな作家がマンガ化する、「池波正太郎 時代劇スペシャル」の一環として執筆されたもの。なお3月12日発売の同誌4月号にはその第12弾として、さだやす圭が作画を務めた「決闘高田の馬場」が収められる。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Mophie、iPhone 6/6sシリーズ用のワイヤレス充電対応バッテリーケース発表
[10:44 6/1] 携帯
【レポート】COMPUTEX TAIPEI 2016(番外編) - 今年は美人系のお姉さん多し!! コンパニオンさん写真特集 ~開幕版
[10:34 6/1] パソコン
NTTデータと日立造船、IoTを活用した遠隔監視技術確立に向け実証実験
[10:31 6/1] 企業IT
【特別企画】今さら聞けないIT資産管理 (9) ちょっと待って! ソフトウェアのライセンス管理(応用編)
[10:30 6/1] 企業IT
MySpaceから漏れた可能性があるパスワードトップ55
[10:30 6/1] 企業IT

本音ランキング