高瀬理恵が乱ツインズで池波正太郎の短編「雨の杖つき坂」をマンガ化

 

「雨の杖つき坂」の見開き扉ページ。

本日2月13日に発売されたコミック乱ツインズ3月号(リイド社)には、池波正太郎の原作を高瀬理恵が描く読み切り「雨の杖つき坂」が掲載されている。

「雨の杖つき坂」は、縄張り争いを巡っての暗殺騒動を巻き起こした2人の男を軸に描く時代劇。暗殺に失敗したことで行方をくらまし、今ではうどん屋を営む男たちのもとに、彼らを始末せんと追手がやって来たことから物語は動き出す。

本作は池波の短編をさまざまな作家がマンガ化する、「池波正太郎 時代劇スペシャル」の一環として執筆されたもの。なお3月12日発売の同誌4月号にはその第12弾として、さだやす圭が作画を務めた「決闘高田の馬場」が収められる。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

水不足に備えよ! 東急ハンズがすすめる節水グッズ6選
[04:00 7/31] ライフスタイル
ビール付き観覧車に牡蠣つかみ取りも! 札幌の屋上ビアガーデン3選
[04:00 7/31] 趣味
極楽とんぼ、11年ぶり"ケンカ"披露!「懐かしすぎる」「やっぱ最高」の声
[23:45 7/30] エンタメ
シンデレラガールズCD歴代出荷ナンバーワンはあの曲! CD&映像累計300万枚突破&『STARLIGHT MASTER』シリーズ発売記念イベント
[22:46 7/30] ホビー
[笑ってはいけない]お尻たたきは痛いのか? 話題のバスに乗ってみた
[22:45 7/30] エンタメ

本音ランキング