TVアニメ『魔法つかいプリキュア!』、第2話の先行場面カットを紹介

2016年2月7日より、毎週日曜朝8時30分からABC・テレビ朝日系列にて放送中のTVアニメ『魔法つかいプリキュア!』より、2月14日(日)に放送される第2話「ワクワクの魔法学校へ! 校長先生はどこ!?」のあらすじと先行場面カットを紹介しよう。

TVアニメ『魔法つかいプリキュア!』第2話より

プリキュアシリーズ第13作目の今作は「魔法つかい」が明るく楽しく大活躍する展開で、ナシマホウ界(人間界)と魔法界という異なる世界の2人が偶然出会い、手をつなぎ、究極の奇跡の魔法で伝説の魔法つかい・プリキュアに変身する。

第2話より登場する魔法学校の校長役は内田夕夜、闇の魔法つかい・ドクロクシーの手下・ヤモー役は高戸靖広がそれぞれ担当する。

★校長 (cv. 内田夕夜)
リコが通う「魔法学校」の校長先生。「魔法界」の偉大な魔法つかい。年齢はナゾ。若く見えるけど、かなりのおじいさんらしい。生徒達をあたたかく見守る、優しい先生。

★ヤモー (cv. 高戸靖広)
「ドクロクシー」の側近。ドクロクシーによって生み出されたヤモリ男。ヤモーだけがドクロクシーの意志を感じることができ、バッティらに指示を出す。

校長

ヤモー

第2話「ワクワクの魔法学校へ! 校長先生はどこ!?」より先行場面カット到着

■第2話「ワクワクの魔法学校へ! 校長先生はどこ!?」あらすじ
突然、伝説の魔法つかいプリキュアに変身したみらい(cv. 高橋李依)とリコ(cv. 堀江由衣)。他にも、みらいが大事にしているぬいぐるみのモフルン(cv. 齋藤彩夏)も喋れるようになるなど、みらいはもちろん、魔法つかいのリコにも事態がのみこめない。「魔法学校に戻って相談する」というリコ。魔法界にある魔法学校に、興味津々のみらいは、リコに導かれるまま一緒に魔法学校へ行くことに!不思議な乗り物に乗り込んで、いざ魔法界へ!
しかし…学校で待っていたのは怒った教頭先生。魔法学校を勝手に出て行き、住む世界が違うみらいを連れてきたことにお怒りの様子…。「私たち、プリキュアになったんです!」とリコが言っても教頭先生は信じてくれない。それどころか、校長先生(cv. 内田夕夜)にリコの処罰を相談すると言い出す始末。そこでみらいとモフルンは、リコに代わって校長先生に直接会いに行くことに…

【第2話スタッフ】
脚本:村山功、演出:鈴木裕介、総作画監督:為我井克美、作画監督:フランシス・カネダ / アリス・ナリオ

TVアニメ『魔法つかいプリキュア!』は、毎週日曜日朝8時30分よりABC・テレビ朝日系列にて放送中。そのほか詳細は公式サイト(東映アニメーション)をチェックしてほしい。

(C)ABC・東映アニメーション

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事