「TOYOTA GAZOO Racing」2016年の活動計画を発表 - 参戦車のカラーを統一化

トヨタ自動車は4日、2016年の「TOYOTA GAZOO Racing」活動計画を発表した。あわせて「TOYOTA GAZOO Racing」のロゴをリニューアルし、各種レースに参戦する車両のカラーリングを統一化することも発表された。

統一カラーリングのWRC参戦車両

来年から参戦予定の「FIA世界ラリー選手権(WRC)」では、「ヤリス」(日本名「ヴィッツ」)をベースとしたWRC参戦車を2017年FIA規定に沿って開発し、準備を進める。

「FIA世界耐久選手権(WEC)」「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」「全日本ラリー選手権」には、チーム名「TOYOTA GAZOO Racing」で参戦。WECでは、東富士研究所で開発された新しいハイブリッドシステムを搭載した新型「TS050 HYBRID」を投入し、年間タイトルの獲得と「ル・マン24時間レース」での初優勝をめざす。「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」では、レクサス「RC」に加え、トヨタ「C-HR Racing」(市販想定モデルをベースに仕立てた競技車両)とレクサス「RC F」を新たに投入し、3台体制で参戦する。

統一カラーリング車両、左からWEC(但し車両はTS040 HYBRID)、ニュルブルクリンク24時間耐久レース、全日本ラリー

国内では、トップカテゴリーのレース「SUPER GT」「スーパーフォーミュラ」に参戦し、「スーパー耐久」には「86」で参戦。ユーザーが参加できる「TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race」「TOYOTA GAZOO Racing Netz Cup Vitz Race」「TOYOTA GAZOO Racingラリーチャレンジ」の開催をはじめ、サーキットなどでのイベント開催や全国販売店と連携した体感イベントの開催も推進していく。

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事