12月の"消費支出"は4.4%減、4カ月連続マイナス--暖冬の影響大きく

 

総務省は29日、2015年12月の「家計調査報告(2人以上の世帯、速報)」を発表した。それによると、1世帯当たりの消費支出は31万8,254円となり、物価変動の影響を除いた実質で前年同月比4.4%減少した。前年を下回るのは4カ月連続で、下げ幅は前月より1.5ポイント拡大した。

消費支出の対前年同月実質増減率の推移(2人以上の世帯)(出典:総務省統計局Webサイト)

暖冬で冬向け季節商品が低調

消費支出の内訳を見ると、前年同月比(実質)は全10項目中、3項目で増加、7項目で減少。減少した項目は、被服および履物が同16.8%減、光熱・水道が同10.7%減、交通・通信が同7.5%減などとなった。

同省は「自動車購入などで弱い動きが続いていることに加え、12月は全国的に気温が高めに推移したことで衣料品や灯油、暖房器具等の冬向けの季節商品が低調だったことが影響した」と分析している。

消費支出(住居等除く)は1世帯当たり27万7,126円で、実質では同4.3%減少し、4カ月連続のマイナスとなった。

勤労者世帯の実収入は1世帯当たり90万229円で、実質では同2.9%減少。可処分所得は75万1,540円で、実質では同3.1%減少。消費支出は34万474円で、実質では同5.0%減少し、いずれも4カ月連続のマイナスとなった。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Cypress、同期整流制御を採用した車載LEDドライバを発表
[06:00 7/28] テクノロジー
木村祐一、オメデタ報告も松本人志が複雑な関係をチクリ「戦国武将みたい」
[06:00 7/28] エンタメ
松井秀喜"5打席連続敬遠"の裏側とは? 当事者の証言&読唇術で真相に迫る
[06:00 7/28] エンタメ
日本の製造業競争力、2016年時点で世界4位 - 2020年はどうなる?
[06:00 7/28] マネー
[福山雅治]主演映画主題歌でTOKYO NO.1 SOUL SETとタッグ 80年代ディスコをギターで
[04:00 7/28] エンタメ