「管理職になりたい」ワーキングマザーは約50%

 

エン・ジャパンは22日、「ワーキングマザーの就業意識」に関する調査の結果を発表した。対象は同社サイトを利用する子持ち女性368名。期間は2015年11月2日~9日。

出産前と仕事への意欲は「変わらない」が最多に

「出産前と比較して、仕事への意欲はどう変化したか」を聞いたところ、最多は35.8%で「変わらない(普通)」だった。次いで、「意欲が上がった」(24.3%)、「変わらず高い」(21.8%)となった。

出産前と比較して、仕事への意欲はどう変化しましたか?(※数値は小数点第一位を四捨五入)

「管理職になりたいと思うか」を聞くと、48.9%が「なりたい」(「管理職になりたい」13.7%+「できれば管理職になりたい」35.2%)と回答した。一方、51.1%が「なりたくない」(「できれば管理職になりたくない」29.6%+「管理職になりたくない」21.5%)となった。

「管理職への意欲は、子供が生まれてから変わったか」を質問したところ、70.4%が「変わらない」、29.6%が「変わった」となった。「変わった」と回答した女性のうち、54.7%が「管理職になりたい」、45.3%が「管理職になりたくない」と答えた。

管理職への意欲は、子供が生まれてから変わりましたか(※数値は小数点第一位を四捨五入)

転職ノウハウ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事