JR四国、セブン-イレブンと土産物店がコラボ「高松銘品館」高松駅に開業へ

 

JR四国と、同社100%子会社の四国キヨスク、セブン-イレブン・ジャパンの3社は25日、キヨスクの土産専門店とセブン-イレブンがコラボした四国初の複合型店舗「高松銘品館」を高松駅構内に作ると発表した。3月3日の開業を予定している。

「高松銘品館」イメージ

四国キヨスクオリジナル「nanacoカード」デザインイメージ

現在のビッグキヨスク高松店を閉店し、高松銘品館としてリニューアル。店舗内に「セブン-イレブンKiosk 高松銘品館店」が入る。売場面積は198平方メートルで、うち土産売場は105平方メートル、残りの93平方メートルはコンビニとなる。それぞれの店舗内に仕切りなどはなく、土産物とセブン-イレブンの商品を一度に同じレジで買えるという。

これに合わせ、四国キヨスクオリジナル「nanacoカード」を5,000枚限定で発行することも発表された。JR四国管内のセブン-イレブンKiosk全店で、通常の「nanacoカード」と同額の1枚あたり300円で入手できる。4月1日発行だが、高松銘品館オープンを記念して3月3日6時30分の同店開業と同時に先行発行を実施。3月5日まで1日あたり1,000枚、3日間で3,000枚を発行する。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「製品」から「体験」へ - ドイツのEVベンチャーが見据えるPLMの進化
[14:21 8/29] テクノロジー
日立ソ、SharePoint Online向けセキュリティ製品 - 情報を自動で暗号化
[14:12 8/29] 企業IT
Zebra、Android/iOS対応RFIDリーダーの国内提供を開始
[14:07 8/29] テクノロジー
【特別企画】"中古車選び"で悩むこととは? - 中古車情報サイト「グーネット」
[14:06 8/29] ホビー
「アイアンナイト」の屋宜知宏新作、電気文明が発展した世界舞台の戦記もの
[13:36 8/29] ホビー

本音ランキング