次世代ワールドホビーフェアで「プラモ小学校」開校、全国4会場で展開

 

千葉県・幕張メッセにて、1月23日より日本最大級の子ども向け玩具の展示会「次世代ワールドホビーフェア'16 Winter」東京大会が開催され、バンダイブースには「プラモ小学校」が登場した。

「プラモドリル」

「プラモ小学校」では、『妖怪ウォッチ』と『フレームロボ』のプラモデルを題材にした特別授業を実施。さらに会場では、プラモデルについて詳しくなれる「プラモドリル」が配布されるという。「プラモ小学校」は東京大会に続く名古屋大会、大阪大会、福岡大会の会場でも開催される。

なお、イベント会場では「HG 1/144 ガンダムバルバトス 滑空砲装備クリアカラーVer.」(1,400円/税込)、「妖怪ウォッチ ダークニャン」(860円/税込)、「妖怪ウォッチ ヤミキュウビ」(860円/税込)などスペシャルグッズの販売も行われている。

(C)創通・サンライズ・MBS
(C)BANDAI
(C)L5/YWP・TX
(C)LMYWP2015


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Windowsスマートチューニング 第406回 Win 10編: Anniversary Update適用後に起きるWebカメラの不具合を回避する
[19:15 8/24] パソコン
メルセデス・ベンツ、新型「CLA」「CLA シューティングブレーク」販売開始
[18:56 8/24] ホビー
ローランド、30種以上の新製品を発表するオンラインフェスティバルを開催
[18:55 8/24] スマホとデジタル家電
ウィル・スミス、マーゴット・ロビーへの思い大胆告白「ずっと共演してもいい」
[18:51 8/24] エンタメ
メルセデス・ベンツ、新型「CLA」を発表 - 全モデルAndroid Autoに対応
[18:50 8/24] テクノロジー

本音ランキング