次世代ワールドホビーフェアで「プラモ小学校」開校、全国4会場で展開

 

千葉県・幕張メッセにて、1月23日より日本最大級の子ども向け玩具の展示会「次世代ワールドホビーフェア'16 Winter」東京大会が開催され、バンダイブースには「プラモ小学校」が登場した。

「プラモドリル」

「プラモ小学校」では、『妖怪ウォッチ』と『フレームロボ』のプラモデルを題材にした特別授業を実施。さらに会場では、プラモデルについて詳しくなれる「プラモドリル」が配布されるという。「プラモ小学校」は東京大会に続く名古屋大会、大阪大会、福岡大会の会場でも開催される。

なお、イベント会場では「HG 1/144 ガンダムバルバトス 滑空砲装備クリアカラーVer.」(1,400円/税込)、「妖怪ウォッチ ダークニャン」(860円/税込)、「妖怪ウォッチ ヤミキュウビ」(860円/税込)などスペシャルグッズの販売も行われている。

(C)創通・サンライズ・MBS
(C)BANDAI
(C)L5/YWP・TX
(C)LMYWP2015


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

対話で献立を相談、ご飯とおかずを同時に作る - シャープのIoTオーブン「ヘルシオ」を使ってみた
[11:30 7/26] スマホとデジタル家電
【特別企画】脱・PCメール! 「ビジネス版LINE」でキャリア認定ショップにおけるコミュニケーションの課題を解決
[11:30 7/26] 企業IT
【連載特別企画】5分でわかる! フラッシュストレージの基礎講座 第2回 キャッシュとストレージの違いは?
[11:30 7/26] 企業IT
自社運用が必須条件の西鉄グループはどのサンドボックスを選んだのか?
[11:30 7/26] 企業IT
夏休み中の男の子に着せたい! ユニクロのオススメ・キッズ夏服4選
[11:30 7/26] ライフスタイル

本音ランキング