光岡自動車「リューギ ワゴン」を新設定 - ハイブリッド車もラインアップ

木下健児  [2016/01/20]

光岡自動車は20日、ミディアムクラスセダン「リューギ」に、ステーションワゴンタイプの「リューギ ワゴン」を新たに設定し、22日に発売すると発表した。

「リューギ ワゴン」

リューギは、コンパクトセダン「ビュート」と、フルサイズセダン「ガリュー」の中間に位置するミディアムクラスセダンとして2014年6月に誕生。ハイブリッド車もラインアップされ、「クラシカルでハイブリッド」という他にないジャンルで独自の路線を歩んできた。

今回発表されるリューギ ワゴンも、ステーションワゴンならではのユーティリティをプラスしたほか、1,500ccのガソリンエンジン搭載車のほかにハイブリッド車も用意されており、「クラシカル・ワゴン・ハイブリッド」というキーワードでより高い付加価値を実現した。

デザイン面では、フロントフェンダーから伸びるエッジの効いたキャラクターラインでワゴンならではの伸びやかさを表現し、セダンとは異なるスポーティな雰囲気に仕上げている。また多彩なライフスタイルを想定し、セダンよりも多い7色のボディカラー設定やオプション品の充実を図り、アクティブなユーザーも楽しむことができる仕様とした。

同社のアイデンティティーと言える、縦型ラジエターグリルに丸型ヘッドランプを配置し、メッキ加工を施した前後のバンパー部に厚みを持たせる事で、ミディアムクラスでありながら堂々たる存在感を主張。また、ラジエターグリル上面に貼付するエンブレムの素材に伝統工芸の「七宝焼き」を採用し、ディテールにも拘っている。

リューギ ワゴンには2WD車と4WD車があり、1,500ccのガソリンエンジンもしくはハイブリッドを搭載。ミッションは5MTとCVT(ハイブリッドは電気式無段変速機)を用意している。価格は、ガソリン車が249万9,120円~316万1,160円、ハイブリッド車が339万8,760円。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

KDDI、高いカメラ機能を持つauオリジナルスマホ「Qua phone PX」
[19:07 5/31] 携帯
KDDI、auスマホと強力に連携する8.0インチタブレット「Qua tab PX」
[19:04 5/31] 携帯
Intel、最大10コアのデスクトップ新ハイエンドCPU「Broadwell-E」を発表
[19:04 5/31] パソコン
日空ビル、羽田国際線ターミナルでCYBERDYNE製クリーンロボットの実証実験
[19:04 5/31] テクノロジー
geanee、SIMロックフリーの10.1型Windows 10デタッチャブル2in1 PC
[18:51 5/31] パソコン

本音ランキング