鹿島臨海鉄道、新型車両8000形を3月ダイヤ改正から導入 - 展示会・試乗会も

 

鹿島臨海鉄道はこのほど、3月のダイヤ改正と同時に大洗鹿島線に投入する新型車両8000形の概要を発表した。全席ロングシート化により、定員は従来より15名増えて135名に。3ドア化と低床化により、スムーズに乗降りできるようになる。

鹿島臨海鉄道の新型車両8000形外観イメージと車内(一部整備中)

新型車両8000形では、冷暖房効率の上昇や台車への空気バネの採用により、快適性や乗り心地も向上。エンジン出力の向上で加速もスムーズになったという。外観は鹿島灘の海と空をブルー、砂浜と大地をブラウンで表現し、地域に支えられつつ発展する大洗鹿島線を表現した赤いラインが入ったデザインとなる。

運行に先立ち、車両一般公開と地域住民向けの試乗会を実施。一般公開は2月14日11~14時に鹿島臨港線神栖駅構内で開催。試乗会は2月20・21・27・28日に大洗鹿島線沿線(水戸市・大洗町・鉾田市・鹿嶋市)在住者を対象に実施される予定で、事前応募が必要に。応募方法など詳細は鹿島臨海鉄道ウェブサイトで確認できる。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Windows 10ミニTips 第122回 スリープ復帰時のパスワード入力設定はどこへ?
[12:04 10/1] パソコン
TVアニメ『うどんの国の金色毛鞠』、10月放送開始! 第1話場面カットを紹介
[12:00 10/1] ホビー
『魔法つかいプリキュア!』、第35話の場面写を公開! 新キャラ役にニーコ
[12:00 10/1] ホビー
[SCOOP!]福山雅治が中年パパラッチ役で新境地 陰と陽のバランスが絶妙なエンタメ作
[11:40 10/1] エンタメ
どっち!? 500 ~みんなのホンネが見えてくる~ 第24回 こんな被害に遭ったことある?
[11:30 10/1] 読者プレゼント