宮沢りえ、12年ぶりの司会に「背筋が伸びる!」 第39回日本アカデミー賞

 

俳優の西田敏行、女優の宮沢りえが18日、東京・港区のグランドプリンスホテル新高輪で行われた、「第39回日本アカデミー賞」の優秀賞発表記者会見に出席した。

「第39回日本アカデミー賞」の優秀賞発表記者会見に出席した西田敏行、宮沢りえ(左から)

日本アカデミー賞協会が主催する『第39回日本アカデミー賞』は、昨年度に劇場公開された映画の作品賞や主演男優賞、主演女優賞、新人俳優賞などを表彰するもの。なお、優秀賞の中から最優秀賞を決定する授賞式を、3月4日21時から日本テレビ系で放送する。また、授賞式の司会には、昨年に続いて西田敏行が務めるほか、『紙の月』で第38回最優秀主演女優賞に輝いた宮沢りえが担当する。

昨年に続いての大役となった西田は「去年の授賞式も大変楽しく務めさせてもらいました。今年も素晴らしいお相手を皆様から選んでいだたきまして大変うれしく思います。楽しい司会を務めたいと思っています」と意欲。一方の宮沢は2003年以来、12年振りの司会役で「アカデミー賞の主演女優賞という素晴らしい賞をいただくと、司会という大役がもれなくついてきますが、背筋が伸びる感じです。西田さんがご一緒なのでとても安心ですし、楽しみたいと思っています」と意気込んだ。その宮沢は昨年の授賞式を舞台公演のため欠席したが、「昨年は受賞の瞬間に立ち会えなくてとても残念でしたが、舞台中に報告を受けて飛び上がるほど嬉しかったし、共演者の方々から褒めていただきました。今年はその瞬間に立ち会うことができるので、とても嬉しく思っています」と待ち遠しい様子だった。

『第39回日本アカデミー賞』の主な受賞作品・受賞者(50音順)

優秀作品賞

  • 『海街diary』
  • 『海難1890』
  • 『日本のいちばん長い日』
  • 『母と暮せば』
  • 『百円の恋』

優秀アニメーション作品賞

  • 『心が叫びたがってるんだ。』
  • 『百日紅~Miss HOKUSAI』
  • 『ドラゴンボールZ 復活の「F」』
  • 『バケモノの子』
  • 『ラブライブ!The School Idol Movie』

優秀監督賞

  • 大根仁『バクマン。』
  • 是枝裕和『海街diary』
  • 武正晴『百円の恋』
  • 田中光敏『海難1890』
  • 原田眞人『日本のいちばん長い日』

優秀主演男優賞

  • 内野聖陽『海難1890』
  • 大泉洋『駆込み女と駆出し男』
  • 佐藤浩市『起終点駅 ターミナル』
  • 二宮和也『母と暮せば』
  • 役所広司『日本のいちばん長い日』

優秀助演男優賞

  • 浅野忠信『母と暮せば』
  • 新井浩文『百円の恋』
  • 伊藤淳史『映画 ビリギャル』
  • 染谷将太『バクマン。』
  • 本木雅弘『天空の蜂』
  • 本木雅弘『日本のいちばん長い日』

優秀主演女優賞

  • 綾瀬はるか『海街diary』
  • 有村架純『映画 ビリギャル』
  • 安藤サクラ『百円の恋』
  • 樹木希林『あん』
  • 吉永小百合『母と暮せば』

優秀助演女優賞

  • 夏帆『海街diary』
  • 黒木華『母と暮せば』
  • 長澤まさみ『海街diary』
  • 満島ひかり『駆込み女と駆出し男』
  • 吉田羊『映画 ビリギャル』

新人俳優賞

  • 有村架純『映画 ビリギャル』
  • 土屋太鳳『orange‐オレンジ‐』
  • 広瀬すず『海街diary』
  • 藤野涼子『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』
  • 篠原篤『恋人たち』
  • 野田洋次郎『トイレのピエタ』
  • 山崎賢人『orange‐オレンジ‐』『ヒロイン失格』
  • 山田涼介『映画 暗殺教室』

※作品名は対象作品

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

次世代iPhoneの名称は「iPhone 6SE」で発売日は9月16日の噂 - 海外報道
[17:31 7/26] スマホとデジタル家電
35歳以上が選ぶ"理想の上司"、女性1位は天海祐希 - 男性は?
[17:30 7/26] キャリア
夫婦のLINE 第127回 マジで具合が悪くなった
[17:30 7/26] ライフスタイル
40・50代女性が感じる身体の悩み1位は「肩こり」 ‐ 心の調子は?
[17:29 7/26] ヘルスケア
アスクルとマネーフォワード、経費精算サービス提供開始
[17:26 7/26] マネー

本音ランキング