蓮佛美沙子、遠藤憲一に"かわいい"連発「捨てられた子犬みたいな顔してる」

女優の蓮佛美沙子が17日、東京・世田谷のTMCスタジオで行われた関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『お義父さんと呼ばせて』(19日スタート、毎週火曜22:00~22:54 ※初回は15分拡大)の第1話完成披露試写会に登場し、遠藤憲一と渡部篤郎という"おじさん"に囲まれる撮影に「すごく幸せな日々をすごしています」と喜びを語った。

新ドラマ『お義父さんと呼ばせて』の会見に登場した蓮佛美沙子(左)と遠藤憲一

このドラマは、遠藤演じる中堅商社の独身部長・大道寺保が、28歳年下の女性・花澤美蘭(蓮佛)との結婚を決意。しかし、渡部演じる美蘭の父・紀一郎は、娘の結婚相手が自分と同い年という現実が受け入れられず、2人が結婚したい男・させたくない男としてぶつかり合う姿を、林宏司の脚本でコミカルに描く作品だ。

「個人的に、おじさまが大好きでして」という蓮佛。企画書を読んだときには「あれ? 私の趣味がこのまま載ってる…」と思ったほどのドンピシャな役だそうで、「彼氏が遠藤さんで、お父さんが篤郎さんで、両手に花です」と誇らしげに語った。

蓮佛の役名は美蘭で、遠藤演じる大道寺からは「みーちゃん」と呼ばれているが、実生活でも家族に「みーちゃん」と呼ばれているそうで、「素の美沙子で返事をしてしまいそうになるくらいキュンキュンしながら、撮影しています」と笑顔。遠藤が全力疾走してきて「結婚してください!」とプロポーズされるシーンを振り返り、「なんて幸せなドラマなんだろう…」と喜びをかみしめた。

渡部篤郎

新川優愛

中村倫也

中村アン

和久井映見

会見後、取材に応じた遠藤は、蓮佛に対し「年の差は全然意識してないですね。このドラマで、その気になっちゃってますね、俺(笑)。すごいやりやすいです」と語り、それを聞いた蓮佛は「やったー!」とガッツポーズ。蓮佛は、以前共演した時から、遠藤を「見ていて絶対かわいい人だと思ってたんです」といい、遠藤に対してブチ切れるシーンでは「パッと見た時に捨てられた子犬みたいな顔してるんです」とその魅力を訴えた。

蓮佛はほかにも、遠藤の天然なエピソードを挙げて「かわいい」を連発。おじさんの魅力を「何事にも動じない」「シワに生きてきた重みを感じる」と語りながら、特に遠藤の魅力を「コワモテだと言われているからこそのギャップ。ちょっとかわいく見えた時に、ものすごくかわいいんです」と分析し、「抱きしめるシーンでも、一瞬子どもを抱いているような気持ちになる」と母性本能をくすぐられていた。

蓮佛に「1週間前までは断然タイプでしたけど…」と言われ、すねて帰ろうとする遠藤を引き止める蓮佛

蓮佛からの熱い思いを受け取った遠藤は、恥ずかしさで顔を赤くしながら「(自分は)からっぽなんです」と謙そん。今回「愛してる」と言うセリフがあるが、役者人生はおろか、「女房にも言ってない」そうで、この言葉を発することができて「幸せな場をいただいている」と、こちらも喜びを語った。さらにこのセリフは「(相手が)蓮佛っちゃんっていうキャラクターだから言えるのかもしれない。最初で最後だと思います」と宣言すると、蓮佛は「うれしいなぁ」と、しみじみつぶやいていた。

関西テレビの安藤和久プロデューサーは、今作の制作にあたって「オリジナルに徹底的にこだわりました。また、世の中の流行りを追っかけたり、事前のマーケティングも、一切やめました」と語り、テーマやキャスト陣への自信を力説。

これに応えるように、遠藤は「こんな顔してホームドラマが好きなんですけど、今回できあがったものを見て、昭和っぽい家族の雰囲気もあるし、現代における会話もあるし、ぶっ飛んだ部分もあるし、ひとつの理想のホームドラマにめぐりあえた」と話し、蓮佛も「こんなに感情が忙しいドラマは久しぶり。どこに飛んで行くのか分からない面白さが詰まっています」と見どころをアピールした。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事