富士フイルム、「X」待望の超望遠「XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR」

 

富士フイルムは15日、ミラーレスカメラ「Xシリーズ」の交換レンズとして、5.0段分の光学手ブレ補正機能を備えた超望遠ズームレンズ「フジノンレンズ XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR」を発表した。2月18日から発売する。価格はオープンで、推定市場価格は224,500円前後。

「フジノンレンズ XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR」(画像のカメラはミラーレス「X-T1」)

152mm~609mm(35mm判換算)の焦点距離を持つ超望遠ズームレンズ。レンズ構成は14群21枚で、5枚のEDレンズ(内1枚はスーパーEDレンズ)により、超望遠ズームレンズで生じやすい色収差を低減。クラス最高レベルの画質を提供する。本体は防塵、防滴、-10度までの耐低温構造を採用。最前面のレンズにはフッ素コーティングを施し、撥水と防汚性能にも優れる。

オートフォーカスにリニアモーターを採用し、高速かつ静粛なピント合わせが可能。レンズの駆動範囲に制限をかけるフォーカスリミッターも搭載しており、5m以上離れた被写体を撮影する時に作動させることで、より高速なオートフォーカスが可能になる。

重量は1,375gで、5.0段分の手ブレ補正機能と合わせて、超望遠時でも手持ち撮影を可能としている。これにより、飛行機やモータースポーツなどの撮影における、動きが速い被写体の撮影に最適としている。また、流し撮りの際には、自動的にカメラとレンズの動き(水平方向)を検知し、垂直方向のみ手ブレ補正機能を効かせる仕組みを持つ。

そのほか、偏光フィルタ操作窓がついたレンズフードと三脚座などを同梱。1.4倍のテレコンバータ「フジノン テレコンバーター XF1.4X TC WR」の装着にも対応し、焦点距離を35mm判換算で213mm~853mm相当までのばせる(開放F値6.3~8)。

そのほか主な仕様は、焦点距離が100mm~400mm(35mm判換算:152mm~609mm相当)、最小絞りがF22。レンズ構成は14群21枚(EDレンズ6枚、内スーパーEDレンズ1枚)。絞り羽枚数は9枚(円形絞り)、ステップ段差は1/3ステップで全15段。画角は16.2度~4.1度。撮影距離範囲は1.75m~。最大撮影倍率が0.19倍(テレ端)。フィルターサイズは77mm。本体サイズは最大径が約94.8mm、長さがワイド端210.5mm、テレ端で270mm、重量は1,375g。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ネットバンキングを利用している理由1位は?
[13:05 7/29] マネー
2016年上半期書籍売上・出版社ランキング、1位は?
[13:03 7/29] マネー
MRJの7月進捗--最大20で基本合意、50回以上の飛行試験で3・4号機は今夏空へ
[13:02 7/29] 趣味
被買収企業の正社員42%が転職を検討 - 何が不安?
[13:01 7/29] キャリア
【特別企画】海外志向や起業意欲の強い方必見!上場企業の役員クラスとの人脈作りができてグローバルに活躍できる企業があるらしい……
[13:00 7/29] キャリア