AMD、64bit ARMコアを最大8基搭載のDC向けSoC「Opteron A1100」を正式発表

  [2016/01/15]

米AMDは14日(現地時間)、サーバ向けプロセッサ「Opteron」の新製品として、64bit対応のARM Cortex-A57コアを最大8基搭載した「Opteron A1100」を正式に発表した。

AMD Opteron A1100

Opteron A1100シリーズは、これまで"Seattle"という開発コード名で知られていたプロセッサ。ストレージやWebおよびネットワークのワークロード向けに開発され、バランスのとれたTCO(Total Cost of Ownership:総所有コスト)を提供するという。2014年1月に存在が明かされ、2014年7月にはOpteron A1100を搭載した開発用ボードを提供していたが、今回正式発表となった。

AMD Opteron A1100が対象とするマーケット

CPUコアに64bitアーキテクチャを最大8基搭載するほか、4MBのL2、8MBのL3キャッシュを備える。メモリはECC対応のDDR3またはDDR4にサポートし、転送速度はDDR3が1600MT/秒、DDR4が1866MT/秒。このほか、インタフェースとして10Gigabit対応Ethernetを2基、8レーンのPCI Express 3.0、14基のSATA 6Gbpsポートを搭載する。

AMD Opteron A1100の概要

AMD Opteron A1100の内部構造

セキュリティ面では、ARM TrustZoneテクノロジやセキュアブート用のコプロセッサを統合する。

AMD Opteron A1100のSKU。3モデルをラインナップする

関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

CentOS 6.8登場
[09:00 5/27] 企業IT
IT業界で働く日本女性は有利か!?女性エンジニアの実情に迫る - 日本MS
[09:00 5/27] 企業IT
Holst/imecがセンサネットや将来のIoT向けに低消費電力無線チップを開発
[08:30 5/27] テクノロジー
【コラム】Windows 10ミニTips 第85回 UWP版「電卓」をショートカットキーで便利に使う
[08:20 5/27] パソコン
【コラム】サラリーマンが知っておきたいマネーテクニック 第53回 おすすめ投資信託は「ノーロード」&「インデックス型」&「バランス型」(1)
[08:00 5/27] マネー

特別企画 PR