2つのプロバイオティクス乳酸菌を使用したヨーグルト発売

 

タカナシ乳業は1月18日、2つのプロバイオティクス乳酸菌を使用したヨーグルト「タカナシ ヨーグルトWの乳酸菌」(122円・税込)を発売する。販売は3月31日までの期間限定。

「タカナシ ヨーグルトWの乳酸菌」(122円・税込)

同商品は、「LGG乳酸菌」と「TMC0356乳酸菌」の2つのプロバイオティクス乳酸菌を複合使用したヨーグルト。

「LGG乳酸菌」は、1985年にヒトの腸内から発見された生きたまま腸に届いて有益な働きをする微生物「プロバイオティクス」と呼ばれる乳酸菌の一種。世界で最も研究がされていると言われており、多くの学術論文も発表されている。

「TMC0356乳酸菌」は、同社が保有する141菌株の乳酸菌の中から、同商品に適した力を持つ乳酸菌として選抜したもの。菌の持つ効果で特許を取得し、国内外の研究機関と共同研究を行っている。

香料や着色料は不使用。優しい味わいと食感の低脂肪タイプに仕上げたという。同社は、"アレぎみ"な春に向け、冬のうちから乳酸菌の力で対策することを勧めている。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事