Synology、NASサーバをDTCP-IP・DTCP+対応にするアプリ「sMedioDTCP Move」

 

アスクは13日、台湾Synology製のNASサーバをDTCP-IPおよびDTCP+対応のメディアサーバとして使用できるようにするアプリ「sMedio DTCP Move」を発表した。Synologyパッケージセンターから発売する。価格は1,000円。

Synology製NASサーバと新アプリ「sMedio DTCP Move」を使ったときのイメージ

「sMedio DTCP Move」の対象機種は、「DS215j」「DS115」「DS214play」「DS216play」「DS415play」の5機種で、アプリ購入後(対応機種でダウンロード、インストール後)、HDDレコーダーなどを検出し、録画番組などをNASサーバにダウンロードできるようになる。現在のところ対応機種は5モデルのみだが、今後Synology製の全NASサーバに対応していく計画だ。

DTCP-IPクライアントアプリ「sMedio TV Suite」も提供される予定。PCやスマートフォンで録画した番組などの、ストリーミング再生が可能になる。Windows版はWindows Storeで提供され、価格は1,900円。Android版はGoogle Playで提供され、価格は900円。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事