Synology、NASサーバをDTCP-IP・DTCP+対応にするアプリ「sMedioDTCP Move」

リアクション  [2016/01/13]

アスクは13日、台湾Synology製のNASサーバをDTCP-IPおよびDTCP+対応のメディアサーバとして使用できるようにするアプリ「sMedio DTCP Move」を発表した。Synologyパッケージセンターから発売する。価格は1,000円。

Synology製NASサーバと新アプリ「sMedio DTCP Move」を使ったときのイメージ

「sMedio DTCP Move」の対象機種は、「DS215j」「DS115」「DS214play」「DS216play」「DS415play」の5機種で、アプリ購入後(対応機種でダウンロード、インストール後)、HDDレコーダーなどを検出し、録画番組などをNASサーバにダウンロードできるようになる。現在のところ対応機種は5モデルのみだが、今後Synology製の全NASサーバに対応していく計画だ。

DTCP-IPクライアントアプリ「sMedio TV Suite」も提供される予定。PCやスマートフォンで録画した番組などの、ストリーミング再生が可能になる。Windows版はWindows Storeで提供され、価格は1,900円。Android版はGoogle Playで提供され、価格は900円。

関連キーワード

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

「上司とSNSでつながりたくない」は63.6%
[09:32 5/26] マネー
4年間で観客動員数165%… 横浜DeNAが驚異的な観客増を達成できた理由
[09:00 5/26] エンタメ
セキュアなIoTドローンが飛ぶ! 次世代Javaの世界観が示されたJava Day Tokyo 2016
[09:00 5/26] 企業IT
【連載】ハンズオンで身につく! 初めてのActive Directory on IaaS 第8回 AD FSのセットアップ
[09:00 5/26] 企業IT
ドリーム・アーツ、「店長の承認機能」などを追加した「Shopらん」の最新版
[09:00 5/26] 企業IT

特別企画 PR