「HDD」最新記事一覧

HDD(ハードディスク)の話題をまとめて。ニュースやレビューをお届けします。

関連キーワード

ヘッドライン

DELL EMCがSDS製品「ScaleIO」を解説 - DX時代に向けたデータ対応

デルとEMCジャパンは9月22日、SDS(Software Defined Storage:ソフトウェア定義型ストレージ)に関する記者説明会を開催した。説明会では、SDS市場と同社のブロックストレージベースのSDS製品「ScaleIO」を中心に、DX(デジタルトランスフォーメーション)時代に向けたデータ対応について解説した。

[07:00 9/25]

ついに出た12TBのウエスタンデジタル製HDD、税別7万円で10月登場

ウエスタンデジタルは13日、データセンター向けHDD「WD Gold」のラインナップに、12TBモデル(型番:WD121KRYZ)を追加した。大容量のデータ保存に適した12TB容量のHDD。ワークロード率は年間最大550TBで、MTBF(平均故障間隔)が250万時間に達するなど高い信頼性を発揮する。10月に発売する。

[16:14 9/13]

今週の秋葉原情報 - 12コアの最上位「Core X」が発売に、通常の40%サイズの超小型キーボードも

Intelのハイエンド向けCPU「Core X」シリーズに、最上位モデルとなる「i9-7920X」が登場、発売が開始された。従来のi9-7900Xは10コアだったが、12コアに強化されているのが特徴。ソケットは従来通りLGA2066で、TDPも140Wで変わらない。コアクロックは2.90/4.40GHz。価格は145,000円前後だ。

[16:16 9/11]

Backblaze、2017第2四半期のハードディスク故障率発表 - 故障率が高いHDDは?

オンラインバックアップサービス企業のBackblazeは8月29日(米国時間)、「2017 Hard Drive Reliability By Manufacturer and Model」において、同社が利用しているハードディスクの故障率を発表した。2017年第2四半期に同社は4921個のハードディスクを追加、うち4286個は古いハードディスクからのリプレースに使われ、純粋に追加のドライブとして加えられたストレージは635個だったと説明している。2017年第2四半期の時点でのハードディスクの合計数は8万3151個に達したという。

[14:31 8/31]

ロジテック、PCレスでストレージのコピーが可能な2ベイデュプリケーター

ロジテックINAソリューションズは8月24日、HDDケース「ガチャベイ」シリーズより、2ベイスタンド型HDDデュプリケーター「LHR-2BDPU3ES」を発売した。SATA 3.0対応の2.5インチ/3.5インチストレージを2台接続し、PCを使わずにストレージを丸ごとコピーできる。価格はオープンで、直販サイト「LogitecDirect」での価格は4,480円(税込)。

[15:25 8/25]

Parallels Desktop 13が公開、新機能は?

Parallels IP Holdingsは8月22日(米国時間)、「What’s New in Parallels Desktop 13 - Parallels Blog」において、Mac向け仮想化プロダクトの最新版となる「Parallels Desktop 13」を公開した。Parallels Desktop 13はmacOS 10.13 High SierraとWindows 10 Fall Creators Updateに対応しているほか、さまざまな性能向上と機能追加が実施されている。

[14:07 8/24]

SilverStone、2台のHDDを内蔵できるUSB 3.1 Type-C接続のHDDケース

ディラックは18日、台湾SilverStone製のHDD RAIDケース「SST-TS231U-C」を発表した。USB 3.1 Type-C接続で使用し(USB 3.1 Gen2、UASP対応)、3.5インチHDD×2台を内蔵できる。対応RAIDモードは、RAID 0 / 1 / JBOD、および非RAID。店頭予想価格は21,980円前後(税別)。

[18:35 8/19]

Synology、CPUやメモリを強化した入門用4ベイNASサーバ

台湾Synologyは17日、4ベイNASサーバ「DiskStation DS418j」を発表した。CPUにはデュアルコアのRealtek RTD1293(1.4GHz)を、メモリにはDDR4 1GBを搭載し、転送速度はリード112MB/秒、ライト87MB/秒(RAID 5設定時)に達する。最大内部生容量は40TBまでで、シングルボリュームの最大サイズは108TBまでをサポートする。8月下旬に発売し、店頭予想価格は35,000円前後(税別)。

[18:27 8/19]

エレコム、Annapurna Labs製CPU採用のLinux搭載NAS新製品7シリーズ

エレコムは8月8日、Linux NASにおいて、独自の管理機能や拡張機能などを提供する新モデル7シリーズを8月下旬から2017年秋にかけて順次発売すると発表した。価格は6万4000円(税別)から。

[11:10 8/9]

センチュリー、USB 3.1 Gen2 Type-Cに対応した2ベイHDDケース

センチュリーはこのほど、インタフェースにUSB 3.1 Gen2 Type-Cを備えた2ベイHDDケース「裸族のテラスハウス RAID USB3.1 Type-C(CRTS35U31C)」を発表した。2基の3.5インチHDDを搭載可能で、RAID 0およびRAID 1の構築に対応する。8月上旬に発売し、店頭予想価格は税込14,904円。

[16:37 8/3]

センチュリー、2台のHDD/SSDを接続できるクローン機能付きクレードル

センチュリーは、SATA形式のHDDとSSDをそのまま最大2台まで差し込んで使用できるクレードル「裸族のお立ち台TWIN(CROS2U3CP6G)」を、8月上旬に発売すると発表した。対応するのは、2.5インチもしくは3.5インチのSATA接続HDD/SSD。価格はオープンで、参考価格は税込6,458円。

[15:56 8/2]

テックウインド、パソコン工房 秋葉原BUY MORE店でガラポン抽選会を開催

テックウインドは、ウエスタンデジタルジャパンと共催で、店頭イベント「豪華景品をGet!ガラポン大抽選会」を7月29日に、パソコン工房 秋葉原BUY MORE店で開催する。WD製の内蔵HDDあるいはSSDを購入することで、参加できるイベントで賞品としてASUS製ディスプレイやGeChic製モバイルディスプレイ、QNAP製NASなどをプレゼントする。

[16:01 7/25]

17年1Qの外付型エンプラストレージシステムの支出額はAFA比率が高まる

IDC Japanは7月24日、2017年第1四半期(1月~3月)の国内外付型エンタープライズストレージシステムの支出額(Value)実績を発表した。これによると、2017年第1四半期の国内エンタープライズストレージシステム支出額は前年同期比6.8%減の493億4800万円となった。

[16:30 7/24]

ファーウェイ、Xeonスケーラブルプロセッサ搭載の「FusionServer V5」

ファーウェイ(HUAWEI、華為技術)は7月13日(米東海岸時間)、同社の「FusionServer」シリーズにおける最新世代となる「FusionServer V5」のグローバルリリースを発表した。新製品は、Intel Xeonスケーラブル・プロセッサを搭載し、企業のデジタル変革支援に向けて設計した。

[10:41 7/21]

HPE、セキュリティを高めたHPE Gen10サーバを発表

日本ヒューレット・パッカード(HPE)は7月20日、都内で記者会見を開き、次世代のHPE Generation10(Gen10)のサーバとして「ProLiant DL360 Gen10」「同DL380 Gen10」」「同DL560 Gen10」「Apollo 6000 Gen10/ProLiant XL230k Gen10」「Synergy 480 Gen10コンピュートモジュール」「Synergy 660 Gen10コンピュートモジュール」「同BL460c Gen10」を発表した。

[09:00 7/21]

ロジテックとウエスタンデジタル、「WD Red生誕5周年まつり!」

ロジテックINAソリューションズとウエスタンデジタルジャパンは共同で、ウエスタンデジタル製HDD「WD Red」の発売5周年を記念して、オリジナルグッズやロジテック製品などをプレゼントするキャンペーン「ロジテックのWD Red生誕5周年まつり!」を実施中だ。期間は7月31日まで。

[16:59 7/20]

アイ・オー・データ、写真や動画をPCレスで保存できるフォトストレージ

アイ・オー・データ機器は6月28日、PCを使わすにデジタルカメラやスマートフォンの写真を取り込めるフォトストレージ「Fotogenic」シリーズとして、1TBモデルの「HLS-PG1」を発表した。SDメモリーカードスロットやUSBポートを経由して、写真を取り込む。7月下旬から発売し、価格はオープン、店頭予想価格は17,800円(税別)。

[19:57 6/28]

ロジテック、ウエスタンデジタル製HDDに便利なソフトを付けたお得セット

ロジテックは6月22日、HDDの運用などに役立つソフトを付属した「ソフト付きWD内蔵HDD」を発表した。ロジテックダイレクト限定で販売する。価格は5,713円から(税別)。ラインナップとして、WD Gold、WD Red Pro、WD Red、WD Blueといった各シリーズと、一通りの容量をそろえている。

[16:47 6/22]

オリエントコンピュータ、データ消去による情報漏洩防止システムを発売

オリエントコンピュータは6月8日、データ消去完全自動管理システム「【ePEE】データ自動消去システム」の発売を発表した。PCのリース返却やリユース、廃棄時に、利用者自身が簡単にHDD/SSDの完全消去を行うことはもちろん、管理者がリモート操作で消去することもできるという。

[12:12 6/8]

パナソニック、小型で25gの外付けポータブルSSD 512GBタイプ発売

パナソニックは、USB3.1(Gen1)対応の外付けポータブルSSD「RP-SUD512P3」を6月16日に発売する。容量は512GBで、2月から発売している128GBのポータブルSSD「RP-SUD128P3」及び256GBの「RP-SUD256P3」の大容量タイプとなる。価格はオープンで、店頭参考価格は58,000円前後(税込)。

[14:50 6/6]

HDDデータ復旧サービスで救えるのは約○割? - バッファロー、新たに参入したデータ復旧センターを公開

バッファローは6月2日、データ復旧事業参入に関する説明会と見学会をメディア向けに実施。同社のデータ復旧事業参入については、5月1日に発表されており、当日はサービス開始から1カ月を経過してみての手応えなども語られた。また、比較的容易な作業をこなす部署が、メディアによる立ち入り取材に応じてくれた。

[15:14 6/4]

センチュリー、アルミ製2.5インチHDDケースに新色フローズンブルー

センチュリーは6月1日、USB 3.0に対応した外付け型の2.5インチHDD/SSDケース「SIMPLE SMART BOX」のラインナップに、新色フローズンブルーを追加した。6月中旬から発売する。価格はオープンで、店頭予想価格は2,678円前後(税込)。そのほかのカラーは、ナイトブラック、シャインシルバー、フロストピンク。

[18:19 6/2]

日本ヒューレット・パッカードが描くデータセンター戦略

日本ヒューレット・パッカードはこのほど、都内でデータセンター戦略について記者説明会を開催した。説明会では今年1月に発表したサーバ製品「HPE Synergy」などのアップデート情報や今後の方針などを説明した。

[08:00 6/2]

ウエスタンデジタル、「WD Red」と「WD Red Pro」に大容量10TBモデル

ウエスタンデジタルは6月1日、NAS向けに開発された3.5インチHDD「WD Red」と「WD Red Pro」に、10TBモデルを追加したことを発表した。ヘリウム充填技術「HelioSeal」を用いた4世代目の製品となる。「WD Red」は6月上旬の出荷予定、「WD Red Pro」は6月下旬の出荷予定となっている。

[14:24 6/1]

Intel Optane Memoryの効果と可能性を探る - どんな環境で最大限生きるのか

IntelとMicronが開発した次世代メモリ技術である「3D XPoint」。エンタープライズ向けにはすでにOptane SSDがリリースされていたが、5月上旬にコンシューマ向けにも「Optane Memory」として登場した。今回はOptane MemoryがPCのパフォーマンスアップにどれだけ効果があるのか調べるとともに、賢い使い方を探っていきたい。

[07:30 5/30]

センチュリー、最大4台の3.5インチHDDを収納可能なUSB 3.0/eSATA対応ケース

センチュリーはこのほど、最大4台までの3.5インチHDDを収納できるUSB 3.0/eSATA対応の多段HDDケース「裸族のタウンハウス(CRTH35EU3S6G)」を発表した。コンパクトなアルミボディに加えて、HDDが出し入れしやすいフロントドアを採用。6月上旬に発売を予定し、参考価格は税込19,224円。

[18:13 5/24]

テラデータのハイブリッドクラウド戦略

テラデータは5月23日、都内で記者会見を開き、ハイブリッドクラウド戦略に対応したソフトウェア・ライセンス・モデルの提供開始や次世代統合データウェアハウス・プラットフォームを強化した「Teradata IntelliFlex 2.0」、エントリーレベルのデータ容量や分析ニーズに対応する「Teradata IntelliBase」の追加などを発表した。

[13:49 5/24]

【連載特別企画】今さら聞けないパソコンのコト 第2回 グラフィックスってなに?

知ってるようで知らない、パソコンのスペック表の読み方。スペック表に書かれたPCパーツの意味と役割を知れば、PC選びがより楽しくお買い得になります。そんなPCパーツの基礎知識を、マウスコンピューターのデスクトップPC「NEXTGEAR i660PA1-Dustel」を見ながら学んでいきましょう。第二回のテーマは「グラフィックス」です。

[20:26 5/19]

バッファロー、小規模オフィス向けNASに高速デュアルコアCPU搭載モデル

バッファローは5月10日、ビジネスNASのSOHO向けエントリーモデル「リンクステーション for SOHO」に、高速デュアルコアCPUを搭載した高性能タイプを追加すると発表した。1ドライブモデルのLS510DNBシリーズ(容量:1TB、2TB、3TB、4TB)と2ドライブモデルのLS520DNBシリーズ(容量:2TB、4TB、6TB、8TB)となり、5月下旬から順次販売を開始する。

[10:30 5/11]

富士通、ミッドレンジの運用性を備えたエントリーモデルのストレージを発売

富士通は5月10日、ハイブリッドストレージシステム「FUJITSU Storage ETERNUS DX series(フジツウ ストレージエターナスディーエックスシリーズ)」の「ETERNUS DX S4 series」として、「ETERNUS DX60 S4」「ETERNUS DX100 S4」「ETERNUS DX200 S4」の3機種を販売開始した。

[10:02 5/11]

HDD バックナンバー

このキーワードについて (パソコン>自作 / テクノロジ>HDD)

HDD トップへ
HDD(ハードディスク)の話題をまとめて。ニュースやレビューをお届けします。

人気記事

一覧

新着記事