新OPに登場&果たして搭乗者は? ガンダムキマリスが武装完全再現でロボ魂化

2016年5月発売予定「ROBOT魂 <SIDE MS> ガンダムキマリス」(6,480円/税込)

バンダイが展開するアクションフィギュア「ROBOT魂」シリーズより、2016年5月発売「ROBOT魂 <SIDE MS> ガンダムキマリス」の予約受付が、全国の家電量販店、ホビーショップ、オンラインショップなどでスタートしている。価格は6,480円(税込)。

ガンダムキマリスは、現在TV放送中の『ガンダム』シリーズ最新作『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』に登場するモビルスーツ(MS)。劇中の約三百年前に起こった「厄祭戦」時に製造されたガンダムフレームを採用した機体で、巨大なランスを武器に三日月たちの前に立ちはだかる。劇中には未登場ながら、1月10日放送回で披露された新オープニングでその姿が明らかになっており、搭乗者が誰なのかにも注目が集まっている。

「ROBOT魂 <SIDE MS> ガンダムキマリス」は、高いアクション性能とフレーム連動ギミックを再現するほか、脚部のブースターが展開するなど機体特性を生かしたポージングが可能に。さらに腰部装甲に装着された折りたたみの実体剣や肩部に内蔵されたスラッシュディスクが付属し、機体ではパーツ差し替えにより展開状態も再現できる。

セット内容は本体に加え、交換用手首左右各2種、バックパック、スラッシュディスク射出パーツ(左右)、スラッシュディスク(左右)、ナイフ、ランス。

(C)創通・サンライズ・MBS

【PR】


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事