ジャパネット、高田明前社長のラスト生出演 - 15日に30時間の生放送特番

 

ジャパネットたかたは1月15日11時から16日17時まで、創業30周年を記念した30時間の生放送「楽しいのが ジャパネット」を実施する。同社の前社長である高田明氏がジャパネットたかたのテレビショッピングに生放送で出演するのはこれが最後だ。

2015年1月の社長交代会見の際に告知していたとおり、ジャパネットたかたの前社長である高田明氏が生放送で出演するのは1月15日24時までとなる。なお、高田明前社長の出演は今後まったくなくなるというわけではない。未定ながら、生放送でのテレビショッピング以外で出演する予定だ。

ジャパネットたかた 代表取締役社長 高田旭人氏(右)と同社の前社長高田明氏(左)。2015年1月の社長交代会見にて撮影

15日放送の「楽しいのが ジャパネット」では、高田明氏が日本全国を歩くロケ番組「おさんぽジャパネット」、これまで高田明氏が紹介した商品のヒットランキングなどを送る「高田明セレクション! プレイバック30年の歴史」などを放送する。

ジャパネットたかたの創業記念日にあたる2日目には、30年目の意気込みを込めたコンテンツを展開。そのほか、吉本興業とコラボレーションした「たかたよしもと」や、お笑い芸人の「弾丸ジャッキー」が東京都の六本木から長崎県の佐世保まで移動しながら歌合戦を繰り広げる「日本横断! パソカラ紅白歌合戦!」などの企画を用意する。「楽しいのが ジャパネット」は、CS専門チャンネル「ジャパネットチャンネルDX」にて放送するほか、Webでも同時配信する。スマートフォン用アプリからも視聴可能だ。

また、参加型企画として「フォトモザイクアートに挑戦!」も行う。写真を募集し、多くの写真を合わせて1つの絵柄を完成させる企画だ。募集テーマは「笑顔」で、1月8日から1月16日18時までWebサイトにて写真を募集している。応募者から抽選で3名に、iRobotのロボット掃除機「ルンバ 621」をプレゼントする。

フォトモザイクアートに挑戦!

人気記事

一覧

新着記事

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム
[00:21 9/30] 趣味
白亜の館で古き良き時代にタイムスリップ
[00:21 9/30] 趣味
誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に
[00:21 9/30] 趣味
[りゅうちぇる]ハプニング目撃し「キャー!」 メーキングでぺことの出会いも赤裸々に……
[00:00 9/30] エンタメ
[オーバーロード]総集編が劇場版アニメ化決定
[00:00 9/30] ホビー