Kiroroの「Best Friend」が『アーロと少年』日本版エンドソングに決定!

 

ディズニー/ピクサー最新作『アーロと少年』(3月12日公開)の日本版エンドソングに、Kiroroの名曲「Best Friend ~Mother Earth Version~」が決定したことがこのほど、わかった。

Kiroroの「Best Friend」が『アーロと少年』日本版エンドソングに決定

2001年6月に発売されたKiroroの「Best Friend」は、NHK連続テレビ小説『ちゅらさん』の主題歌として広く知れ渡り、15年たった今でも、結婚式や卒業式の定番ソングとして歌い継がれている名曲。その歌詞が、力を合わせて前に進む恐竜アーロと少年スポットの絆を歌っている感じられるとし、『アーロと少年』日本版エンドソングに決定した。そして、母となった2人の声を新たに録音し、「Best Friend ~Mother Earth Version~」として15年ぶりによみがえる。

ボーカルの玉城千春は「15年前この曲ができた時、私は喉を痛め歌えなくなりました。心が折れ毎日が苦しかったのを覚えています。でも綾やマネージャーが『声が出なくてもあなたらしく想いを伝えられればいい』と励ましてくれました」と振り返る。続けて、「人生の壁にぶつかった時、一人じゃないんだと感じて今まで以上の力が出ます。アーロも少年スポットと出会い成長できたように、この曲もまた成長させてもらえる。この出会いに感謝しています」と述べた。

また、ピアノを担当する金城綾乃は「今回の"Mother Earth"というタイトルは、作品の中の豊かで美しい地球の自然風景からのイメージと、私たちも母となったのでこのタイトルをつけました」と説明。「『アーロと少年』に寄り添い、日本中の大人や子供たちの心に届くように想いを込めて弾きたい」と意気込みを語った。

本作のメガホンを取ったピーター・ソーン監督も、Kiroroの才能と楽曲を絶賛。「彼女たちのような素晴らしい才能あるアーティストと組むことができたのは本当に光栄なことだよ。この曲は"真の友情を見つけ出し大切に育む"という映画の感動的なテーマに完璧にマッチしている」と太鼓判を押す。さらに、「実はこの曲を聞いた時、僕自身もまた自分の大切な友人たちと過ごした日々の思い出がよみがえったんだ」と明かした。

(C) 2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

i☆Risの芹澤優と茜屋日海夏がDAM★ともコラボ番組に登場
[14:36 9/1] ホビー
2016年第2四半期、iPhone出荷台数が前年同期比28.8%増 - IDC
[14:35 9/1] 企業IT
女性の自己投資、何に使ってる?
[14:35 9/1] マネー
パナソニック、転送レートTyp.50Mbpsの産業機器向けフォトカプラを製品化
[14:31 9/1] テクノロジー
アーキサイト、文字が消えない2色成形キーキャップ採用テンキー
[14:28 9/1] パソコン

本音ランキング