ソニー、リード最大440MB/秒・ライト最大150MB/秒で転送できるXQDカード

 

ソニーは、XQDメモリーカード「Mシリーズ」とXQDカードリーダー「MRW-E90」を発表した。発売はMシリーズが1月27日、MRW-E90が2月17日。価格はオープン。

Mシリーズ

リード最大440MB/秒、ライト最大150MB/秒(32GBは最大80MB/秒となる)の高速転送が可能なXQDメモリーカード。32GB / 64GB / 128GBの3モデルを用意。ソニーストアでの直販価格(税別)は、32GBが18,880円、64GBが29,880円、128GBが49,880円。

Mシリーズと専用のアダプタ(写真は128GB)

4Kまでの映像を安定して記録でき、「XAVC Long 4K」や「XAVC S 4K」での3,840×2,160ドット/60p、150Mbpsの記録に対応。独自コントローラを採用し、ウェアレベリングやエラー訂正コード、データリフレッシュ機能などを搭載。確実な読み書きをサポートする。端子部を保護する構造を採用するなど、接触不良や機器挿入時の端子破損を防止する機能もある。

XQDフォーマットVer. 2.0に準拠した専用のUSB 3.0アダプタが付属。インタフェースは、PCI Express Gen.2 / USB 3.0の2種類。データ復旧ソフト「Memory Card File Rescue」も無償でダウンロード提供される。

MRW-E90

MRW-E90は、XQDメモリーカードとSDメモリーカードのダブルスロットを備えるメモリーカードリーダ。ソニーストアでの直販価格は5,880円(税別)。ソニー製のXQDメモリーカードをすべて利用でき、SDメモリーカードはUHS-II / UHS-Iに対応。インタフェースはUSB 3.1 Gen 1に対応するなど高速データ転送が可能。パソコンへのデータ取り込みもすばやく行える。

MRW-E90

メモリースロットはメディアをセットしたときに1mmほど出っ張る設計になっており、メディアの抜き差しがしやすい。また本体にはアクセス状態を表示するLEDも搭載する。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

実中研と慶大、ゲノム編集で先天性免疫不全の霊長類を作製することに成功
[15:14 7/1] テクノロジー
7月放送開始の『ウルトラマンオーブ』、早くもBlu-ray BOXの発売が決定
[15:04 7/1] ホビー
【連載】夫婦のLINE 第92回 お言葉ですが閣下
[15:00 7/1] ライフスタイル
ソニー銀行で円定期特別金利引き上げなど夏の特別企画
[14:57 7/1] マネー
中堅・中小企業にもO2Oが容易に構築できるようになった「AppGoose」
[14:53 7/1] 企業IT