井ノ原快彦、紅白司会でV6と面談も「やりづらかった」と心境を吐露

『第66回NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか 12月31日19:15~23:45)の白組司会のV6・井ノ原快彦が29日、東京・渋谷のNHKホールで行われているリハーサルで取材に応じ、V6との面談に「やりづらかった」と苦労を明かした。

『第66回NHK紅白歌合戦』総合司会の黒柳徹子(左)と綾瀬はるか 撮影:荒金大介

司会の井ノ原は、リハーサル中に出場歌手と面談を行っている。当然自身の所属するV6とも実施するが、井ノ原は「何をしゃべっていいのか分からないし、質問しても自分のことでもあるから…」と、やりづらかった心境を吐露した。

総合司会は、黒柳徹子と有働由美子アナウンサーが担当する。長時間の生放送に、黒柳の体力面を心配する声もあるが、本人は「大丈夫でしょ」と即答。井ノ原は、むしろ黒柳のトークが止まらなくなって、2~3曲歌えなくなるのではという懸念を伝えながらも、「実は(黒柳さんの)マシンガントークを、みんな期待してるというところもありますから、ご自由に。あとは有働さんが何とかしてくれますから」と押し付け、とばっちりを受けた有働アナは「えーーっ!?」と驚いて、井ノ原をにらみ返していた。

紅白のタイムスケジュールはタイトなことで知られ、黒柳は、かつてタモリが総合司会を務めた際、「紅白歌合戦!」とタイトルコールを発した瞬間に、"巻き"を入れられたというエピソードを披露。「タモリさん怒ってたわよ」と明かした。

今年の紅白のテーマは「ザッツ、日本! ザッツ、紅白!」で、紅組26組・白組26組の計52組が出場。昨年は、白組が優勝し、通算の対戦成績は紅組29勝、白組36勝となっている。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事