V6・岡田、紅白司会の井ノ原は"誇り"「力になれるように盛り上げたい」

 

アイドルグループ・V6が29日、東京・渋谷のNHKホールで、『第66回NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか 12月31日19:15~23:45)のリハーサルを行い、報道陣の取材に応じた。

取材には、白組司会を務める井ノ原快彦を除く5人で参加。井ノ原は本日、リハーサルを終えた出演歌手と面談を行っており、5人も井ノ原と面談したという。三宅健は「新鮮でした」と感想を語り、長野博は「井ノ原も何を聞いていいのか困ってました」と様子を明かした。

岡田准一も井ノ原について「誇りに思いますし、いのっちのおかげで僕らもまたここに立てているというもある。感謝している」と話し、「井ノ原くんの力になれるように盛り上げていけたら」と本番に向けて気合。森田剛も「誇らしい。同じメンバーとしてうれしく思う」と語った。

今年デビュー20周年を迎えたV6。坂本昌行は「ツアーファイナルの11月1日」が特に印象に残っていると言い、「20年前と同じ景色を見られた。ファンとスタッフからサプライズももらって、逆に"ありがとう"と。最高の瞬間でした」と振り返った。

また、5人はそれぞれ、今年を漢字一文字で表現。岡田は「"温"。あたたかく20周年を応援していただき、僕たちもあたたかいなと年数を感じられる一年だった」と言い、森田は「20年続けてこられたという意味で感謝の"感"」、三宅は「"絆"。ファンのみなさんの絆も、メンバー同士の絆も深まった」、長野は「いろいろ動けた"動"」と説明した。

そして坂本は、照れながら「愛」と答え、「たくさんの方に愛をいただいた。いろんな現場で愛に包まれていた」と感謝。今回披露する「ザッツ!V6メドレー」に「愛なんだ」も入っていることを記者から言われると、「かけたわけじゃないですけどね」と笑った。

今年の紅白のテーマは「ザッツ、日本! ザッツ、紅白!」。総合司会を黒柳徹子と有働由美子アナウンサー、紅組司会を綾瀬はるか、白組司会を井ノ原快彦が担当する。出場歌手は紅組26組、白組26組の計52組。昨年は白組が勝利し、通算成績は紅組29勝、白組36勝。

関連キーワード

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

東急電鉄「東急線アプリ」目的地までの所要時間実績を表示するサービス導入
[00:01 7/29] ホビー
[メイプル超合金・カズレーザー]CM初出演で“全身赤”封印 オレンジポロシャツで“パン田くん”とダンス共演
[00:00 7/29] エンタメ
[激マン!]永井豪の自伝的マンガ「キューティーハニー編」突入 主人公は女の子マンガ家
[00:00 7/29] ホビー
しりあがり寿、休館前パルコの展覧会で「ひとまずシメ」る立体作品飾る
[23:55 7/28] ホビー
阪急電鉄、西宮北口駅隣接地に「西宮北口阪急ビル」建設 - 2018年秋完成へ
[23:54 7/28] ホビー

本音ランキング