AKB48の横山由依、結成10年目を迎えた2015年は「個人的に悩んだ1年だった」

  [2015/12/29]

AKB48の横山由依、今村悦朗NGT48劇場支配人が28日、東京・秋葉原のAKB48劇場で行われた「NGT48今村の東京→新潟 日本縦断354Km行脚!」概要説明会に出席した。

「NGT48今村の東京→新潟 日本縦断354Km行脚!」概要説明会に出席した横山由依

2016年1月10日に新潟県新潟市で劇場オープンを迎えるNGT48。その成功を祈願し、NGT48劇場の今村悦朗支配人がAKB48劇場の入り口に10年間飾られたパネルを持参して東京・秋葉原のAKB48劇場から新潟市のNGT48劇場までの約354Kmという距離を、徒歩と電動自転車で走破するというプロジェクトにチャレンジ。期間は12月30日から劇場オープン前日の2016年1月9日までを予定している。

その説明会に今村支配人とAKB48総監督の横山由依が出席。今村支配人は「自分で言ったとはいえ、これはやるしかないと日に日に実感が湧いてきました。正直言ってできるか分かりませんが、このプレートを新潟に持って行き、AKB48グループの新たな10年目をつないで行こうと思います」と気合十分。そんな今村支配人を横山は「56歳なのにすごいですよ!」と驚嘆しながら「これまで10年間劇場を見ていたパネルがNGT48に継承できることは意味のあること。自ら困難に立ち向かっていく姿はAKB48の本来あるべき姿と重なりますし、今村さんが成し遂げれば新しい歴史が生まれるのでとても楽しみです」と語った。

NGT48を束ねるキャプテンの北原里英については「AKB48歴8年を超えているので、そこで新境地に挑戦することは格好良いと思います。先が見えてないことへ挑戦する姿勢は、他のメンバーにも刺激を与えるし、里英ちゃんらしいキャプテンになってくれたら」と期待を寄せた。

また、横山は今年1年を「個人的には悩んだ1年でした。高橋みなみさんという完璧なリーダーを継承してダメなところが浮き彫りになりましたから」と振り返り、「周りのメンバーやスタッフさんに支えられていると改めて感じ、幸せな1年でしたね」と満足げ。2016年は「10周年の時に『AKB48のライバルはAKB48』と話しましたが、2016年はとりあえず個人個人の知名度を上げたいです。若いメンバーも増えてきたので、その子たちをもっと多くの方に知ってもらえるようにしたいです」と意気込んでいた。

関連キーワード

写真で見るニュース

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Pebble、GPSを内蔵したウエアラブルデバイス「Core」発表 - Androidを採用
[12:24 5/25] 携帯
【連載】3Dペンでカレー沢薫さんを「立体化」してみた 第2回 3Dペンは、カレー沢さんの顔を描くために生まれてきたのかもしれない
[12:00 5/25] テクノロジー
TVアニメ『少年メイド』、第7話のあらすじ&先行場面カットを公開
[12:00 5/25] ホビー
【コラム】週刊こむぎ 第29回 そこにいるだけで 助けになる
[12:00 5/25] 企業IT
【連載】漫画「いたずらオウムの生活雑記」 第281回 マジックテープを使って
[12:00 5/25] 趣味

本音ランキング

特別企画 PR