JR東日本ダイヤ改正 - 「あかぎ」は651系に統一、「草津」吾妻線で区間短縮

 

JR東日本は2016年3月26日に実施するダイヤ改正で、高崎線を走る特急列車をすべて651系に置き換える。新宿発の特急「スワローあかぎ」「あかぎ」の運転取りやめ、特急「草津」の長野原草津口~万座・鹿沢口間の運転取りやめも発表された。

651系で運転される特急「草津」

651系はかつて常磐線特急「スーパーひたち」などで活躍した特急形電車。車両をリニューアルした1000番台が2014年3月から特急「スワローあかぎ」「あかぎ」「草津」に投入されている。前橋発新宿行「スワローあかぎ2号」(土休日運休)・「あかぎ8号」(土休日運転)と新宿発前橋行「スワローあかぎ13号」(土休日運休)・「あかぎ13号」(土休日運転)については、現在も185系による運転が続けられている。

来春のダイヤ改正で、前橋発新宿行「スワローあかぎ2号」「あかぎ8号」も185系(10両編成)から651系(7両編成)に置換え。一方、新宿発前橋行「スワローあかぎ13号」「あかぎ13号」は利用減少を理由に運転取りやめとなる。これにより、高崎線を走る特急列車はすべて651系に統一されることになった。

特急「草津」は平日2往復・土休日3往復の列車が設定され、上野~万座・鹿沢口間で運転されてきた。しかし利用減少を理由に、ダイヤ改正で吾妻線長野原草津口~万座・鹿沢口間が運転取りやめに。代わって同時間帯に普通列車が運転され、特急「草津」とも長野原草津口駅で接続する(「草津31号」は除く)。これまで通過となっていた駅に普通列車が停車することで、地元利用者の乗車チャンス拡大を図るという。

吾妻線ではその他にも、普通列車の長野原草津口~万座・鹿沢口間延長運転や下校時間帯に合わせた時刻変更などを実施。朝の長野原草津口駅6時53分発・大前駅7時14分着の普通列車は利用が少ないことから運転取りやめとなる。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

濃厚な味わいなのに1粒あたり糖質0.4g! 低糖質生チョコレートが新登場
[10:00 6/26] ヘルスケア
[おそ松さん]オールフリーのキャンペーン告知動画第5弾は十四松 「素振り3000回だぁ!」
[09:00 6/26] ホビー
[真田丸]浅利陽介、再び小早川秀秋に「軍師官兵衛」に続き 「裏切るつもりは…」
[09:00 6/26] エンタメ
【インタビュー】「仮面ライダー」S.I.C.&名将「スター・ウォーズ」を手がけるヒットメーカーが放つ新作はダルマ!? 手ごろなアイテムに込めた一級品のこだわり
[09:00 6/26] ホビー
【レポート】地元民は知っている! 全国の気になる「ご当地パン」8選
[09:00 6/26] 趣味

本音ランキング