「ラグビーワールドカップ」日本代表勝利シーン再現レゴ、精密さに会場驚き

 

マスター・ビルダーの大澤よしひろ氏とレゴ(R)ブロック巨大アート「ラグビー日本代表 世界ランキング 3位の南アフリカ代表に劇的逆転勝利!」

レゴランド・ディスカバリー・センター東京は、その年にスポーツ界をにぎわせたニュースが掲載されたスポーツ紙の一面をレゴ(R)ブロックの巨大アート作品で再現・展示する「レゴ(R)アート展 ~2015 年を彩ったスポーツニュース~」を、12月14日~2016 年1月8日の期間で実施する。

今年で4年目となった、日刊スポーツの一面をレゴブロックで再現する同イベント。今回、「ラグビーワールドカップ2015」において、24年間ワールドカップで勝ち星のなかったラグビー日本代表が、世界ランキング3位、および本大会でも3位になった強豪・南アフリカ代表に劇的な逆転勝利を飾った9月21日の1面ニュースが選ばれた。

レゴ(R)による巨大アート「ラグビー日本代表 世界ランキング 3位の南アフリカ代表に劇的逆転勝利!」(高さ120cm×横90cm)は、約5000ピースを使用し、2週間の制作期間を経て完成したもの。世界でも13人しか認定されておらず、日本で2人しかいないレゴ職人であるマスター・ビルダーの大澤よしひろ氏が制作を行った。大澤氏は「今年のスポーツ界の衝撃といえば、ラグビー日本代表ということで、レゴ(R)ブロックで南アフリカ代表を逆転した時の感動を伝えられるように思いをこめました」と熱い思いを語り、制作において苦労した点については「選手たちの歓喜の表情を再現するのが難しかったですね。どの色のブロックを使うかで表情が変わってしまうので、なるべく紙面に忠実にと意識しました」と振り返る。

14日には展示を記念して披露会と撮影会が開催され、参加者たちは「レゴ(R)ブロックで顔の表情もしっかりと再現されていてビックリしました」と、作品の完成度の高さに驚きの表情を浮かべていた。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ときどき介護のち育児へ 第3回 要介護認定を申請するまでの過程
[10:43 9/28] ヘルスケア
ケイティ・ペリー、ヌード姿の過激な動画公開! 米大統領選への参加呼びかけ
[10:35 9/28] エンタメ
テーマは肉! 「肉屋台マルシェ」で現金つかみ取りやパイ投げ選手権も
[10:30 9/28] 趣味
夫婦のLINE 第283回 俺ディンキー派だから
[10:15 9/28] ライフスタイル
夫婦のLINE 第282回 あんまり好きじゃない
[10:14 9/28] ライフスタイル

本音ランキング