蓮佛美沙子、遠藤憲一の結婚相手役で「これはもう、幸せな3カ月になる」

女優の蓮佛美沙子が、遠藤憲一と渡部篤郎がダブル主演を務める、関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『お義父さんと呼ばせて』(1月19日スタート、毎週火曜22:00~22:54)に出演することが12日、分かった。

『お義父さんと呼ばせて』に出演する蓮佛美沙子

このドラマは、遠藤演じる中堅商社の独身部長・大道寺保が、28歳年下の女性と運命的に出会い、結婚を決意。しかし、渡部演じるその女性の父・花澤紀一郎は、娘の結婚相手が自分と同い年という現実が受け入れられず、2人が結婚したい男・させたくない男としてぶつかり合う姿をコミカルに描く。

蓮佛が演じるのは、この遠藤の結婚相手で、渡部の娘である花澤美蘭役。何事も突き詰めないと気が済まない理系女子で、猪突(ちょとつ)猛進な性格から、ぶつかり合うオッサン2人を振り回すキャラクターだ。

今回オファーを受けた蓮佛は「私自身、遠藤憲一さんや渡部篤郎さんくらいの年代の方が大好きなので、『えっ!? 付き合えるの?』と思いました」と大歓迎。「これはもう、自分にとって幸せな3カ月になる」と喜びを感じたそうだ。

一方で、「コメディっぽい掛け合いは私自身好きなので、お2人が軽妙な掛け合いをされる中に私が混ざっていけることはすごく光栄で、たくさん勉強させてもらおうという気持ちでいっぱいです」と、役者としての真摯(しんし)な姿勢も。「『家族っていいな』とすごく温かい気持ちになれる作品です。見終わった時に皆さんにもそう感じてもらえるように頑張ります」と意気込んでいる。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事