劇場10周年公演で横山由依へ総監督継承「歴史に負けない新しいAKB48を」

 

アイドルグループ・AKB48が8日、オープン10周年を迎えた東京・秋葉原のAKB劇場で「10周年特別記念公演」を開催。高橋みなみから横山由依へのグループ総監督の継承式も行われ、横山が正式に総監督に就任した。

高橋みなみから横山由依へ総監督を継承

初めて劇場公演を行った2005年12月8日から10周年という節目を迎えたAKB48劇場。公演前には、周年記念公演の恒例となった、劇場のシンボルである二本柱にAKB48カラーのテープを巻く儀式が行われ、総監督の高橋みなみと1期生の小嶋陽菜、峯岸みなみ、チームBキャプテンの木崎ゆりあ、チーム4キャプテンの高橋朱里の手により、10本目のテープが貼られた。

公演の幕が開けると、現役メンバーより119人がステージに整列し、高橋みなみが「皆さんと今日この日を迎えられたことをうれしく思っています」とあいさつ。AKB48の5チームそれぞれによるパフォーマンスの後、高橋みなみが参加する最後のシングルで彼女がセンターを務める「唇にBe My Baby」が披露された。10年前に劇場公演が開演した19時に向けてのカウントダウンも行い、1年前から劇場に設置されていた時計が「0」となり、その瞬間を迎えた。

後半は、劇場公演の1曲目を飾った「PARTYが始まるよ」から始まり、「Dear my teacher」「毒リンゴを食べさせて」と10年前のオープニングを飾った楽曲を披露。ユニットコーナーでは現役メンバーと卒業生が組み、向井地美音・大島優子らは「ごめんねジュエル」を、松井珠理奈・篠田麻里子らは「Confession」を、そして、高橋みなみと前田敦子による「右肩」では大きな歓声が沸き、高橋が涙をにじませる場面もあった。終盤では、卒業生も加わって、「大声ダイヤモンド」「ヘビーローテーション」などヒット曲がパフォーマンスされた。

また、高橋みなみから、この日が23歳の誕生日だった横山由依へのグループ総監督の継承式も行われ、2人は総監督継承の調印書に署名。正式に総監督に就任した横山は「AKB48のライバルはAKB48です。超えなければならない壁は、これまでのAKB48。歴史に負けない新しいAKB48をみんなと一緒に作っていきたい」と声を震わせながらも力強く宣言した。

最後には、現役メンバーと卒業生がステージに登場し、感謝の気持ちを込めて「あなたがいてくれたから」を披露。さらに、公演には出演しなかったものの劇場に駆けつけた卒業生たちも参加して「桜の花びらたち」が歌唱された。

(C)AKS

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Apple Watch Series 2のスイミングワークアウトを試す - 松村太郎のApple深読み・先読み
[22:32 9/29] スマホとデジタル家電
アミュレット、USB 3.1 Gen2対応でRIAD機能搭載のストレージケース
[22:19 9/29] パソコン
柳葉敏郎、さんまへの土下座の真相告白「タクシーの前で…」
[22:15 9/29] エンタメ
[ベッキー]上半身ヌードでセクシーに“美背中”披露 髪もばっさりショートに
[22:12 9/29] エンタメ
長谷川豊、ブログ発言での報道番組降板「夢にも思っていませんでした」
[21:52 9/29] エンタメ

本音ランキング