『M-1』王者はトレンディエンジェル"ハゲネタ"大ウケに「ハゲててよかった」

 

5年ぶりに復活した漫才頂上決戦『M-1グランプリ2015』の決勝戦が6日、東京・六本木のテレビ朝日で行われ、お笑いコンビのトレンディエンジェル(よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属)が第11代目の王者に決定。2007年のサンドウィッチマン以来となる、敗者復活枠からの優勝を成し遂げた。

『M-1グランプリ2015』で優勝したトレンディエンジェルのたかし(左)と斎藤司

決勝の舞台に立ったファイナリストは、メイプル超合金、馬鹿よ貴方は、スーパーマラドーナ、和牛、ジャルジャル、銀シャリ、ハライチ、タイムマシーン3号、そして、同日に行われた敗者復活戦を勝ち抜いたトレンディエンジェルの9組。今大会では、2001年の第1回大会で優勝した中川家の礼二から第10回大会王者の笑い飯・哲夫まで歴代のM-1王者9名が審査員を務めることも話題を呼んだ。

敗者復活戦の視聴者投票で1位を獲得し、最後のファイナリストとして決勝に駒を進めたトレンディエンジェルは、審査員のますだおかだ・増田が「ハゲの人がやるネタを全部やってしまったかのような(笑)」と評する2人の薄毛キャラを生かした"明るいハゲネタ"で会場を沸かせ、900点満点中825点の高得点をマーク。いきなり2位に躍り出たトレンディエンジェルに客席から歓声が上がった。最終決戦は1位のジャルジャル、3位の銀シャリとネタを競い、審査員7名の支持を得たトレンディエンジェルが栄冠を手にした。

トレンディエンジェルは、ツッコミのたかし、ボケの斉藤司からなる2005年結成のコンビ。受賞後の会見では、斎藤が「シンプルにうれしいです!」と優勝の喜びを。勝因は「いつもの自分を貫けたこと。ハゲててよかったです!(笑)」と満面の笑みを見せていた。一方、たかしは「『M-1』は学生のころから見ていて、自分が決勝に出られるような大会だとは思っていなかったので、まだ(優勝の)実感がわきません」と漏らし、準決勝敗退からの大逆転を果たした快挙がいまだに信じられない様子だった。

敗者復活戦で1位となった瞬間

優勝決定の直後は緊張していた様子の斎藤だが、会見時は「おめでとうございます」という報道陣の祝福に「ありがとうひ(頭皮)」とハゲギャグで応える余裕も。だが、優勝賞金1000万円の使いみちを聞かれると「すみません! 貯金させてください」と大真面目に答え、笑いを誘っていた。

『M-1グランプリ2015』結果

メイプル超合金:796点
馬鹿よ貴方は:791点
スーパーマラドーナ:813点
和牛:806点
ジャルジャル:834点
銀シャリ:818点
ハライチ:788点
タイムマシーン3号:816点
トレンディエンジェル(敗者復活組):825点


最終決戦の結果

銀シャリ:2票(準優勝)
トレンディエンジェル:6票(優勝)
ジャルジャル:1票(3位)
関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

TVアニメ『食戟のソーマ 弐ノ皿』、第1話のあらすじと先行場面カット公開
[01:54 7/2] ホビー
オリジナルアニメ『終末のイゼッタ』、10月放送開始! PV第二弾を公開
[01:34 7/2] ホビー
『サポルト! 木更津女子サポ応援記』、コミックス第1巻発売記念でPVを公開
[00:40 7/2] ホビー
TVアニメ『アルスラーン戦記 風塵乱舞』、ミニ朗読劇の第四章を公開
[00:06 7/2] ホビー
[なかよし]7月号が3年4カ月ぶり完売 「CCさくら」と付録が人気
[00:00 7/2] ホビー

本音ランキング