東京都・東京タワー大展望台で初の360度3D映像投影! 夢と現実が半分半分に

 

東京タワー(東京都港区)は2016年4月3日まで、「TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA 2015-2016」を大展望台2階にて開催している。

「TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA 2015-2016」イメージ

東京タワーでは2014年、夜景とプロジェクションマッピングマッピングの融合を実現した「TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA」を開催。会期中に10万人を動員したという。

今回開催するプロジェクションマッピング「TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA 2015-2016」では、"東京の中心で高さ150m"という展望台の環境と、縦に4段並んだ窓の形状を生かし、窓面360度に映像を投影する。1面だけではなく360度にわたって映像を投影するのは、日本では初の試みとなる。

上部2段の窓ガラスには透明特殊フィルムで東京の星空と融合した3Dプロジェクション映像を投影し、株2段の窓ガラスからは実際の夜景を楽しめる。投影するのは、月が輝く冬の夜に少年が夢の世界を旅するストーリー。空飛ぶイルカに誘われて少年がたどり着いた先に、スノークリスタルが降り注ぐ夢の都市が出現する。さらに、フィナーレでは360度全面に花火が上がるという。

なお、どうプログラムの開催時間は18時~22時30分。スタート時間は季節により異なる。料金は、大人(高校生以上)900円、子供(小・中学生)500円、幼児(4歳以上)400円。

また、2016年3月からは、訪日客を意識して桜をモチーフとした「春バージョン」のプロジェクションマッピングもスタートする。

※価格は全て税込

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

2種のチーズを練り込んだ砂糖・バター・マーガリン不使用のクッキーが発売
[11:00 9/25] ヘルスケア
一万円札で汗がぬぐえる!? 「お札タオル」とは
[11:00 9/25] マネー
[Github Universe 2016] 日本人エンジニアに聞いた、企業向け「GitHub Enterprise」の魅力
[11:00 9/25] 企業IT
どっち!? 500 ~みんなのホンネが見えてくる~ 第19回 1日分の寿命の代償にほしいものは?
[11:00 9/25] 読者プレゼント
松本人志、NHKを批判 - SMAP紅白出演オファーの公表「利用している」
[10:51 9/25] エンタメ