東京都・東京タワー大展望台で初の360度3D映像投影! 夢と現実が半分半分に

 

東京タワー(東京都港区)は2016年4月3日まで、「TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA 2015-2016」を大展望台2階にて開催している。

「TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA 2015-2016」イメージ

東京タワーでは2014年、夜景とプロジェクションマッピングマッピングの融合を実現した「TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA」を開催。会期中に10万人を動員したという。

今回開催するプロジェクションマッピング「TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA 2015-2016」では、"東京の中心で高さ150m"という展望台の環境と、縦に4段並んだ窓の形状を生かし、窓面360度に映像を投影する。1面だけではなく360度にわたって映像を投影するのは、日本では初の試みとなる。

上部2段の窓ガラスには透明特殊フィルムで東京の星空と融合した3Dプロジェクション映像を投影し、株2段の窓ガラスからは実際の夜景を楽しめる。投影するのは、月が輝く冬の夜に少年が夢の世界を旅するストーリー。空飛ぶイルカに誘われて少年がたどり着いた先に、スノークリスタルが降り注ぐ夢の都市が出現する。さらに、フィナーレでは360度全面に花火が上がるという。

なお、どうプログラムの開催時間は18時~22時30分。スタート時間は季節により異なる。料金は、大人(高校生以上)900円、子供(小・中学生)500円、幼児(4歳以上)400円。

また、2016年3月からは、訪日客を意識して桜をモチーフとした「春バージョン」のプロジェクションマッピングもスタートする。

※価格は全て税込

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ソニー、「α6000」「RX100 IV」などを買うと最大1万円キャッシュバック
[19:49 8/30] スマホとデジタル家電
南鳥島沖に広大なマンガン団塊密集域JAMSTECなどが発見
[19:26 8/30] テクノロジー
「美・皇潤」を配合したミクソロジーカクテルが楽しめるBARがオープン
[19:14 8/30] ヘルスケア
トヨタ「プロボックス」「サクシード」に衝突回避支援パッケージを標準装備
[19:09 8/30] ホビー
EIZO、最大16台のIPカメラ映像を表示できる46型液晶ディスプレイ
[19:05 8/30] パソコン