エキスポシティ、大阪府吹田市に開業 - 関西鉄道5社局が1dayチケットを発売

 

三井不動産商業マネジメントと関西の鉄道事業者5社局は、11月19日の「ららぽーとEXPOCITY(エキスポシティ)」開業に合わせ、同施設の買物券(引換券)と各社の乗車券がセットになった「EXPOCITYグランドオープン記念1dayチケット」を発売する。

「EXPOCITYグランドオープン記念1dayチケット」券面デザイン

「EXPOCITY(エキスポシティ)」は、大阪モノレール万博記念公園駅最寄りの千里万博公園(大阪府吹田市)に開業する、8つの大型エンターテインメント施設と全305店舗の「三井ショッピングパークららぽーとEXPOCITY」からなる大型複合施設。開業当初は自家用車による周辺道路の混雑が予想されるため、「EXPOCITY」と鉄道事業者による共同施策として1dayチケットを発売し、交通渋滞の緩和と公共交通機関の利用促進を図る。

記念1dayチケットは、大阪モノレール線の指定区間と、同線に連絡する大阪市交通局・北大阪急行電鉄・阪急電鉄・京阪電気鉄道のいずれかの1日乗車券、「EXPOCITY」で使える500円分の買い物券引換券のセット。買い物券の引換えは乗車当日限り有効となる。

大阪モノレールを除く各社局で自社版を発売し、価格は北大阪急行電鉄発売分のみ900円、残り3社局はいずれも1,500円。各社局ごとに有効区間が異なるが、いずれも各社局沿線から大阪モノレールに乗り換え、「EXPOCITY」を訪れるのに便利な設定となっている。販売期間は2016年1月11日までだが、枚数限定のため、売切れ次第販売を終了する。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事