福山雅治、3年ぶり映画主演は"念願"のパパラッチ役! 髪とひげ伸ばし役作り

 

俳優でシンガーソングライターの福山雅治(46)が、原田眞人監督および脚本の作品『盗写1/250秒』を原作とした映画『SCOOP!』(2016年秋公開)で主演を務めることが11日、発表された。

映画『SCOOP!』で都城静を演じる福山雅治

本作は、芸能スキャンダルから社会事件までさまざまな"ネタ"を追いかける写真週刊誌カメラマンと記者の物語。46歳フリーカメラマンの福山演じる都城静(みやこのじょう・しずか)は、かつて数々の伝説的スクープをモノにしていたものの、現在は芸能スキャンダルを中心に追うパパラッチとなっている。週刊誌『SCOOP!』の新人記者とタッグを組むことになってスクープを獲得していくが、次第に大きな事件を追っていく様を描く。

キャストには、2013年に公開され、第66回カンヌ国際映画祭審査員を受けた『そして父になる』以来の主演映画となる福山のほか、二階堂ふみ、吉田羊、滝藤賢一、リリー・フランキーらが集結。『モテキ』(13年)や『バクマン。』(15年)、そして12月26日に公開を控える『DENKI GROOVE THE MOVIE? ~石野卓球とピエール瀧~』を手掛ける大根仁監督がメガホンを取る。福山と大根監督がタッグを組むのは本作が初となる。

カメラの腕は確かだが、ギャンブル好きで借金に追われる中年パパラッチ・静を演じる福山は、「ずっと演じてみたかったタイプの役のオファーが、ある日舞い込んできました。しかも同世代クリエーターの星、大根監督から」と喜びながら回顧。「盛りだくさんのエンターテインメント作品になる手応えを感じながら撮影中ですが、すでに役から離れるのが寂しくなっている自分がいます。とても楽しく作品作りができている現場です」と語っている。

一方の大根監督は「『SCOOP!』は、いつか絶対に撮りたいと、長年温めてきた企画」と告白。続けて、「『福山雅治主演で企画を出してほしい』と言われた時、真っ先に思い浮かんだのがこの作品でした」とも口にする。「撮る側と撮られる側の関係を、スリリングに、エロティックに、センシティブに描き、なおかつエンタテイメント映画として成立させることができるのは福山雅治以外にはありえない」と太鼓判を押し、「これまで見たことのない映画、そしてこれまで見たことのない福山雅治をどうかご期待ください!」とアピールした。

福山のほか、二階堂は『SCOOP!』編集部の新人記者・行川野火役を、吉田は編集部の女性副編集長・横川定子役を、滝藤は男性副編集長・馬場役を、リリー・フランキーは静の旧友で情報屋のチャラ源役を、それぞれ担当。10月12日にクランクインを迎えており、撮影は順調に進んでいるようで、福山は髪とヒゲを伸ばし、衣装をクランクインから着込んでなじませるなど、徹底した役作りで挑んでいるという。

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (8) 指定可能な属性
[08:30 8/30] 企業IT
[ガラスの仮面]3Dギャグアニメ化 現代社会を風刺する学園ドラマに大胆アレンジ
[08:00 8/30] ホビー
DEEPCOOL、水冷ユニットを標準搭載するミドルタワーPCケース「GENOME」
[08:00 8/30] パソコン
声優・竹達彩奈、ワイン×料理研究家・大橋みちことともに宅バル動画に登場
[08:00 8/30] ホビー
キャリアのiPhoneをApple 表参道で買いたくなる理由 - 知られざるサービスがすごかった
[08:00 8/30] スマホとデジタル家電

本音ランキング