東京都・六本木に韓国のフライドチキン専門店「Kyochon」が日本初上陸

チキン・プラネットは11月26日、韓国生まれのフライドチキン専門店「Kyochon(キョチョン)」の日本第1号店を東京都・六本木外苑通り沿いにオープンする。

「Kyochon(キョチョン)」のフランドチキン(イメージ)

同店は、1991年に韓国で生まれたフライドチキン専門店で、韓国はもちろん米国や東南アジア各国に1,000店舗以上を展開している。チキンとビールを組み合わせたスタイルが人気を博しているという。

チキンは厳選した鶏肉を二度揚げし、オリジナルの秘伝ソースをハケで塗って仕上げるのが特徴。チキンを一度揚げ、余分な衣と油を落として再び揚げることでカリカリの新食感になるという。

販売するチキンの部位は、カリカリな食感が特徴の腕の部位「ウィング」と、ジューシーなももの部位「スティック」の2種類。それらを「キョチョンオリジナルシリーズ」「キョチョンハニーシリーズ」「キョチョンサルサルシリーズ」「キョチョンレッドシリーズ」の4種の味で楽しめる。

また、本格炭火で焼き上げた炭焼きダッカルビや、野菜をふんだんに使用したグリルチキンと彩野菜のサラダなど、サイドディッシュ等も用意している。

ダッカルビなどのサイドディッシュも充実(イメージ)

営業時間は11時~翌4時。席数は80席。グランドオープンを記念し、限定特典を用意しているとのこと。

店舗外観(イメージ)

人気記事

一覧

2016年12月9日の運勢

イチオシ記事

新着記事