鉄道博物館、EF58形式電気機関車の運転室を10/28から公開 - ヘッドマークも

 

鉄道博物館(さいたま市大宮区)は28日から、ヒストリーゾーン1階に展示しているEF58形式電気機関車の運転室公開を行う。展示期間は2016年1月11日まで。

EF58形式電気機関車前面と運転室内

公開時間は平日14~15時、土休日は12時30分から13時30分まで。各回先着20組の定員制で、運転室への入室は3分間の入替制となる。

EF58形式電気機関車は、1946(昭和21)年から12年間で計172両製造された直流電気機関車。東海道・山陽本線をはじめ、東北本線、高崎線、上越線、信越本線などでも活躍した。鉄道博物館の展示車両は、1956(昭和31)年11月19日、東海道本線全線電化完成記念列車として走行した上り特急「つばめ」を牽引した89号機。運転室の公開期間中、EF58形式ゆかりのヘッドマークを取り付けて展示されるという。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

沢村一樹主演『レンタル救世主』ポスターに明記された電話番号にかけると…
[12:33 9/26] エンタメ
住信SBIネット銀行、ディープラーニングを活用したデジタルマーケティング
[12:20 9/26] 企業IT
ビジネスインパクトを拡大するビックデータ活用とは - TERADATA PARTNERS 2016 基調講演
[12:10 9/26] 企業IT
IBM、クレジットカード関連の「FinTechカードAPI」提供 - 6社と仕様合意
[12:05 9/26] 企業IT
【特別企画】『キングオブコント2016』優勝予想1位は? 2位しずる、3位タイムマシーン3号
[12:04 9/26] エンタメ

本音ランキング