北乃きい、初共演のイッセー尾形は「歩き方から雰囲気まで猫みたい!」

 

10月10日公開の映画『先生と迷い猫』の完成披露試写会が10日、東京・新宿バルト9で行われ、イッセー尾形、染谷将太、北乃きい、ピエール瀧、もたいまさこ、岸本加世子、深川栄洋監督が出席した。

左から深川栄洋監督、北乃きい、イッセー尾形、ピエール瀧、岸本加世子とドロップ、染谷将太、もたいまさこ

イッセー尾形が、2005年公開の映画『太陽』以来、9年ぶりに主演を果たした本作は、堅物で偏屈な校長先生(イッセー尾形)と亡き妻が可愛がっていた三毛猫の心温まる物語。イッセーと並び、物語の主役とも言える三毛猫のミイ役には、NHK朝ドラ『あまちゃん』にも出演した三毛猫ドロップが務めている。

この日はイッセー尾形らキャスト陣と深川監督、そして三毛猫のドロップが登壇。主演のイッセーは「1年前に下田で撮影しましたが、撮影が終わらなければいいなと思ったのがこの前のような気がします。それからメンバーが揃うのは今日が初めてで、個性豊かな方たちと共演したんだと改めて感じ、幸せに思っています」と感慨深げ。初めての共演となった染谷については「染谷くんが染谷くんのペースで入ってきて校長先生のペースが崩されちゃって…。君には乱されたね(笑)」と苦笑いを浮かべると、名指しされた染谷は「違うリズムでやってくれというオーダーだったので」と明かした。また、「基本的にその場その場に出来たものでお芝居をさせてもらいました。イッセーさんに乗せられて本当に素敵な時間でしたよ」とイッセーを絶賛した。

染谷と同じくイッセーと初共演を果たした北乃きいは、イッセー扮する校長先生の教え子・真由美役。「監督からイッセーさんとのリズム感を合わせずにズラして欲しいと言われたのでズラしてやろうと思いましたが、最初からズレていてイッセーさんが引っ張ってくれましたよ」とイッセーを賞賛しながら「イッセーさんは猫でしたね。歩き方から雰囲気まで猫みたいでした」と笑わせるなど、本作同様に穏やかな雰囲気の中で舞台あいさつが行われた。映画『先生と迷い猫』は、10月10日より全国公開。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事