TVアニメ『ワンパンマン』10月放送、悠木碧「タツマキ、ごめん!勘違いしてたよ」

 

TVアニメ化が発表されていた、ONEと村田雄介氏原作の『ワンパンマン』が、2015年10月よりテレビ東京ほかにて放送されることが明らかになった。

前列左より悠木碧、古川慎、石川界人、櫻井孝宏、後列左より安元洋貴、中村悠一、小西克幸、宮崎寛務

本作の原作は、WEBサイト『となりのヤングジャンプ』(集英社)にて連載中の同名コミック。3年間の特訓により無敵のパワーを手にした主人公サイタマが、あまりにも強くなりすぎてしまったため、どんな敵でもワンパンチで決着がついてしまうことにつまらなさを感じながらも、日々現れる新しい敵に"趣味"で立ち向かっていく姿が描かれる。

キャストはすでに発表されているとおり、サイタマ役を『ハイキュー!!』の金田一勇太郎役などで知られる声優の古川慎、サイタマの強さにあこがれて弟子入りするサイボーグの青年・ジェノスを、『ワールドトリガー』出水公平役の石川界人が担当。また、少女のような見た目が特徴のヒーロー・戦慄のタツマキ役を『魔法少女まどか☆マギカ』の鹿目まどか役・悠木碧が務め、暗殺から用心棒まで何でも請け負う自称「最強の忍者」ソニックを、『進撃の巨人』でエレン・イェーガーを演じた梶裕貴が演じる。そのほかにも、無免ライダー役を中村悠一、シルバーファング役を山路和弘、キング役を安元洋貴、ゾンビマン役を櫻井孝宏、タンクトップマスター役を小西克幸、タンクトップタイガー役を宮崎寛務と、豪華声優陣が名を連ねている。

サイタマ

ジェノス

ソニック

タツマキ

さらに、8月4日に発売されるコミックス第9巻では、アニメと同じ声優キャストが声を担当したドラマCD同梱版も同時発売。アフレコを終えたキャストのコメントも到着し、「収録ではサイタマ、ジェノスのほか、力強い先輩方とご一緒できるとのことで前日から緊張しっぱなしでした」とサイタマ役の古川がほっと息をつく一方で、ジェノス役の石川は「すでに盛り上がっている『ワンパンマン』ですが、音声化、映像化にあたり、さらに盛り上がっていくと思います」とアニメ化への期待をにじませた。

『ワンパンマン』第9巻「ドラマCD同梱版」(2,138円/税込)

また、今回初めてタツマキを演じたという悠木は、「最初、大人っぽい最強のツンデレというイメージで演じていたら、かわいいツンデレ幼女という感じにしてくださいと言われ、『タツマキ、ごめん! すごい勘違いしてたよ…』という気持ちになりました」とまだ手探りの状態。ソニック役の梶も「ソニックとして最初の音声収録がいきなりの番外編で少しとまどいました」と語るなど、アニメ完成前の貴重な演技ぶりにも注目が集まる。『ワンパンマン』第9巻は、8月4日発売で「単行本のみ」の価格は432円(税込)、「ドラマCD同梱版」は2,138円(税込)。

(C)ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Parrot、80km/hで飛行可能な固定翼ドローン「Parrot Disco」を発表
[17:44 9/27] テクノロジー
小林麻耶、意外な一面を告白「イメージとは違い...甘えるのが苦手」
[17:44 9/27] エンタメ
外国人観光客、ランチ平均単価は1,644円 - 最も高額なのはどの地域の人?
[17:32 9/27] マネー
公共料金の「ビットコイン払い」が可能に!? - まずは"電気代"から
[17:28 9/27] マネー
ふるさと納税を申し込んだ理由、1位は?
[17:27 9/27] マネー

本音ランキング