ピース・又吉直樹『火花』が芥川賞に決定! 新進純文学の最高峰で芸人が快挙

  [2015/07/16]

お笑いコンビ・ピースの又吉直樹の小説『火花』が、第153回芥川賞に決定した。新進作家における純文学の最高峰で、お笑いタレントが快挙を果たした。

「第153回芥川賞」発表の瞬間

また、羽田圭介氏の『スクラップ・アンド・ビルド』も受賞し、又吉の『火花』とW受賞となった。

会見を行った選考委員の山田詠美氏

16日、東京・築地の料亭「新喜楽」で会見を行った選考委員の作家・山田詠美氏は、最初の投票で最高点だったのが『火花』だったが、2回目の投票で『スクラップ・アンド・ビルド』と同点だったため、W受賞となった経緯を説明。『火花』の内容については「欠点も多々あるが、なにか強いものを感じた。主人公と先輩との関係のまさに"火花"が走るような関係が良く出ていた」と講評した。また、「1行1行にとてもコストがかかっている感じがしたという意見もあった」という評価があったことも明かした。

又吉は、芥川龍之介の小説との出会いが、読書にのめり込むきっかけであることを明かしており、好きな作家にも必ず芥川の名前を挙げている。三島由紀夫賞では惜しくも受賞を逃したが、敬愛する作家を冠した賞で、見事にリベンジを果たすことができた。この後、都内のホテルで記者会見を行う。

『火花』は、売れない芸人・徳永と、その彼が師と仰ぐ先輩芸人・神谷の姿を通して、「笑いとは」「才能とは」「生きるとは」「人間とは」を描いた、又吉にとって初の純文学作品。掲載された文芸誌『文学界』は、異例の大増刷を記録している。

芥川賞を受賞したピースの又吉直樹

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【ハウツー】新聞紙で拭けばスマホがピカピカになる!? - いまさら聞けないAndroidのなぜ
[14:52 5/31] 携帯
大野智、時代劇初主演で忍びに! 「社長役から忍者役で新しい自分出したい」
[14:21 5/31] エンタメ
魚の求愛行動を促進するフェロモン「PGF2α」の受容体を発見 - 理研など
[14:12 5/31] テクノロジー
【特別企画】韓国情報保護学会において優秀企業代表表彰を受賞 - ペンタセキュリティ
[14:04 5/31] 企業IT
【連載特別企画】技術者が語る、パブリッククラウド活用のすすめ from ニフティクラウド ユーザーブログ 第5回 Zabbixでニフティクラウドを監視する(導入編)
[14:01 5/31] 企業IT

本音ランキング