米倉涼子、"アベンジャーズ"新メンバーのエリザベス・オルセンと美の共演!

 

映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(7月4日公開)のジャパン・プレミアが23日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われ、来日中のエリザベス・オルセンとジョス・ウェドン監督、女優の米倉涼子らが登場した。

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』ジャパン・プレミアに登場した米倉涼子(左)とエリザベス・オルセン

アイアンマン、キャプテン・アメリカの登場で幕を開けたジャパン・プレミア。本作で新たにアベンジャーズに仲間入りするスカーレット・ウィッチ役のエリザベス・オルセン、続いてジョス・ウェドン監督がレッドカーペットに姿を現すと、会場の熱気は急上昇した。

その後、エリザベスと監督は、吹き替えキャストの米倉涼子、竹中直人、宮迫博之と共にステージに登場。監督は「(本作の)ヒーローたちはすごい力を持っている。力というのは、愛する人のために使って戦うことに意味がある」と熱く語り、エリザベスは「すばらしいキャストの一員になれたことを感謝しています」と喜びを伝えた。2人に続き、竹中直人が「私トテモ興奮シテマス」などと片言の日本語であいさつすると、会場は爆笑。宮迫が「真面目にやれよ!」とツッコんだ。

米倉は「今回の『アベンジャーズ』は、あっちこっちでの戦いや、愛情や友情や…1段階、2段階、3段階もスケールアップしている」と絶賛。そして、「次回、日本のストーリーがある時には、ちょっとだけでも出させていただきたい」と監督に出演を直談判すると、監督は「今度こそ約束します!」と誓い、2人で指切りを交わした。また、宮迫は演じたホークアイ役について、「私にも嫁も子供もいます。ホークアイの『家族のために死ぬわけにはいかない』という気持ちは、自分と重なってやりやすかった」と語った。

イベントの最後には、監督とエリザベスが法被を着て、全員で鏡開き。日本流のヒット祈願で盛り上がった。

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

鈴木このみ、「Love is MY RAIL」MV公開! 『アンジュ・ヴィエルジュ』OP曲
[23:06 6/27] ホビー
又吉直樹、執筆中の2作目は「年内には完成させたい」- プレッシャーも吐露
[22:52 6/27] エンタメ
大好物に挟まれ思わず笑顔!ドラえもん、コロ助たちFキャラのカプセルトイ
[22:51 6/27] ホビー
[ヒロミ]10年ぶりに連ドラ出演 「とても新鮮!」
[22:44 6/27] エンタメ
[新世紀エヴァンゲリオン]AbemaTVで全話放送へ
[22:41 6/27] ホビー

本音ランキング