米倉涼子、"アベンジャーズ"新メンバーのエリザベス・オルセンと美の共演!

 

映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(7月4日公開)のジャパン・プレミアが23日、東京・六本木ヒルズアリーナで行われ、来日中のエリザベス・オルセンとジョス・ウェドン監督、女優の米倉涼子らが登場した。

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』ジャパン・プレミアに登場した米倉涼子(左)とエリザベス・オルセン

アイアンマン、キャプテン・アメリカの登場で幕を開けたジャパン・プレミア。本作で新たにアベンジャーズに仲間入りするスカーレット・ウィッチ役のエリザベス・オルセン、続いてジョス・ウェドン監督がレッドカーペットに姿を現すと、会場の熱気は急上昇した。

その後、エリザベスと監督は、吹き替えキャストの米倉涼子、竹中直人、宮迫博之と共にステージに登場。監督は「(本作の)ヒーローたちはすごい力を持っている。力というのは、愛する人のために使って戦うことに意味がある」と熱く語り、エリザベスは「すばらしいキャストの一員になれたことを感謝しています」と喜びを伝えた。2人に続き、竹中直人が「私トテモ興奮シテマス」などと片言の日本語であいさつすると、会場は爆笑。宮迫が「真面目にやれよ!」とツッコんだ。

米倉は「今回の『アベンジャーズ』は、あっちこっちでの戦いや、愛情や友情や…1段階、2段階、3段階もスケールアップしている」と絶賛。そして、「次回、日本のストーリーがある時には、ちょっとだけでも出させていただきたい」と監督に出演を直談判すると、監督は「今度こそ約束します!」と誓い、2人で指切りを交わした。また、宮迫は演じたホークアイ役について、「私にも嫁も子供もいます。ホークアイの『家族のために死ぬわけにはいかない』という気持ちは、自分と重なってやりやすかった」と語った。

イベントの最後には、監督とエリザベスが法被を着て、全員で鏡開き。日本流のヒット祈願で盛り上がった。

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

キヤノン、EOS 5D Mark IVの発売記念キャンペーン「POWER OF FIVE」
[08:30 8/26] スマホとデジタル家電
【特別企画】IoTとモビリティがもたらす「つながる」世界はいかにして実現されるか - ハードウェア開発者必見のPCB Systems Forum 2016が、9月8日(木)より開催
[08:30 8/26] テクノロジー
日産「GT-R NISMO」2017年モデル発売 - 日産車で最大のダウンフォース実現
[08:23 8/26] ホビー
[吉田羊]日本版「コールドケース」のポスタービジュアル公開
[08:00 8/26] エンタメ
『デジモンtri.』、第3章ED曲「僕にとって」ジャケ写公開! 『02』一挙放送
[08:00 8/26] ホビー

本音ランキング