綾瀬はるか、広瀬すずら『海街diary』四姉妹"カンヌの一日"密着映像が公開

女優の綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずらが、第68回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品された出演映画『海街diary』(6月13日公開)の上映に合わせてカンヌを訪れ、そこで取材を受ける1日を追ったメイキング映像が12日、公開された。

左から長澤まさみ、綾瀬はるか、是枝裕和監督

映像は、現地に同行した映画のスタッフが撮影。写真撮影やインタビューの合間に楽しそうに会話をする様子や、広瀬が長澤や夏帆にふざけてカメラを向ける場面、綾瀬が食べ物をほおばるシーンなど、映画で四姉妹を演じた4人のリラックスした素顔を見ることができる。

この映像の撮影が行われたのは、現地でのインターナショナル取材日当日。綾瀬は胸元のスパンコールが印象的な白のロングドレス、長澤も同じく白のロングドレス、夏帆は柔らかな色合いのピンクのロングドレス、広瀬は紺色のワンピースに身を包み、是枝裕和監督と共に世界各国のメディアから取材を受けていた。

取材を終えた是枝監督は、「四姉妹をあの舞台に連れていけたことがとても幸せでした」と映画祭を振り返り、「これからの俳優人生にとっても、絶対にいい経験になるんじゃないかな」とコメントを寄せた。

映画『海街diary』は、漫画家・吉田秋生が漫画雑誌『月刊フラワーズ』(小学館)で2006年8月号から不定期連載中の同名漫画を原作に、一昨年の第66回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受けた『そして父になる』(2013年)以来の新作となる是枝監督がメガホンを取った作品。鎌倉の祖母が残した家を舞台に、"異母妹"を加えた四姉妹のリアルな家族の絆を描く。本作は、第68回カンヌ国際映画祭で、邦画としては唯一コンペティション部門に正式出品された。


(C) 2015 吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事