『台風のノルダ』声優初挑戦の野村周平「"初めて"を見てもらうのは恥ずかしい」

公開初日を迎えたアニメーション映画『台風のノルダ』の初日舞台あいさつが5日、東京・TOHOシネマズ新宿で行われ、俳優の野村周平、新井陽次郎監督、キャラクターデザイン・作画監督の石田祐康氏が登壇した。

左から野村周平、新井陽次郎監督、石田祐康氏

本作は、とある離島の中学校を舞台に、ナイーブで素直になれない少年・東シュウイチと、正義感が強く実直な西条ケンタの友情を描いた物語。ある悩みを抱えた東は、親友でチームメイトの西条に黙って野球部をやめてしまう。そのことで2人は気まずくなっていたが、文化祭前夜に島を襲う台風にのってきたという不思議な少女・ノルダが現れたことで、2人の関係に変化が起きていく。野村は本作で声優に初挑戦し、主人公の東を演じている。

無事に初日を迎えることができた新井監督と石田氏は、2人が所属するスタジオコロリドにとって初めて大規模な体制での制作となっただけに、「感無量」と感激した様子。一方の野村は、初めての声優挑戦に「恥ずかしいです」とはにかみ、「声だけの出演は初めてで、初めてのドラマに出演しているような気持ちになりました。こんなにたくさんの人に、自分の"初めて"を見てもらうのは恥ずかしいです」と繰り返した。

アフレコについて野村は、「普段は俳優をやっているので、声だけで演技しているつもりでも、体が動いてしまう。それで音を立ててNGを出してしまった」というエピソードを紹介。役作りでは、新井監督から「中学生の役だから、声を高くしてみよう」と提案があったが、野村は最初「自分は低い声なので大丈夫かな」と不安もあったという。

しかし、スケジュールがなかなか合わず、収録に十分な時間がかけられなかったにも関わらず、中学生・東シュウイチを演じきった野村。新井監督も、「普段は俳優として演技をしているだけに、キャラクターに入り込むのがすごくうまい」と絶賛すると、野村は「恥ずかしいです」と再びはにかんでいた。主人公・東と同じように学生時代は野球をやっていたという野村だが「僕の青春は、この映画みたいに淡くはなかったなあ」と振り返り、「野球に関しても、東や西条みたいに『野球やろうぜ!』ってキラキラしてなくて、『野球でもするか』って感じでした」コメントし、会場を沸かせていた。

初の劇場アニメとして、本作でメガホンをとった新井監督は、スタジオジブリ出身。『借りぐらしのアリエッテイ』、『コクリコ坂から』、『風立ちぬ』などにアニメーターとして参加した経験を持つ。また、キャラクターデザイン・作画監督を担当した石田氏は、ショートアニメ『フミコの告白』で第14会文化庁メディア芸術祭優秀賞をはじめ、数々の賞を受賞し、『台風のノルダ』と同時上映されている『陽なたのアオシグレ』では監督を務めている。さらに、劇中の音楽を手がけたのは、「ファイナルファンタジー」シリーズで知られる作曲家の浜渦正志氏。ほかにも声優として、若手俳優の金子大地、女優の清原果耶らが参加している。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事