AMD、CPUのロードマップ更新 - 新コア"Zen"採用の「AMD FX」を2016年に投入

 

米AMDは6日(現地時間)、投資家向け説明会を開催し、2015年から2016年における同社製品のロードマップを公開した。新x86コア「Zen」(開発コード名)を搭載したデスクトップ向けハイエンドCPU「AMD FX」を2016年に投入するとしている。

AMDが公開したロードマップによると、2015年のデスクトップ向けプロセッサは、2014年に引き続き"Vishera"(開発コード名)ベースの「AMD FX」と、"Kaveri"(開発コード名)ベースの「AMD Aシリーズ」を提供するが、2016年はハイエンド向けに新コア"Zen"を採用した「AMD FX」、メインストリーム向けに第7世代の「AMD Aシリーズ」を投入するという。

一方、モバイル向けプロセッサは既報通り、2015年に"Carrizo"と"Carrizo-L"(開発コード名)を投入する。さらに2016年にはモバイルでも第7世代「AMD Aシリーズ」を提供するとしている。

AMDが公開したCPU/APUのロードマップ。2015年のデスクトップ向け製品は2014年からほとんど動きがない。大原氏の予想通り"Carrizo"はデスクトップ向けとしては投入されないようだ

Zenは新設計のCPUコアで、これまでよりもパフォーマンス向上に焦点が当てられた製品とみられる。AMDによると、"Carrizo"のCPUコアである"Excavator"(開発コード名)コアと比較して、IPC(Instruction per Clock)が40%向上するという。さらに、次世代「AMD FX」では、同時マルチスレッディング(SMT:Simultaneous Multithreading)やDDR4メモリがサポートされる。Zenはサーバ向けCPU「Opteron」でも採用が予定されている。

Zenの概要

"Bulldozer"系コアからIPCが大きく向上する

また、第7世代「AMD Aシリーズ」は電力当たりの性能を高めた製品で、HSA 1.0とOpenCL 2.0に対応するほか、DDR3メモリとDDR4メモリの両方をサポートするという。

2016年に投入が予定される製品の特徴

Zenはサーバ向け製品にも採用が予定されている

プラットフォームも現在の「AM3」や「FM2+」から刷新し、次世代「AMD FX」や第7世代「AMD Aシリーズ」では「AM4」に統一する。

このほか、サーバ向けやハイパフォーマンスが要求される組み込み向けの64bit ARMベースの「K12」に関しては2017年の投入となるという。

"K12"は2017年の投入を予定

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

[森川葵]ドラマ「プリンセスメゾン」でNHK初主演 26歳独身の“家買う女”に
[22:50 8/30] エンタメ
赤塚不二夫と過ごしたフジオ・プロの日々、元アシスタントが綴るコミックエッセイ
[22:49 8/30] ホビー
[錦織圭選手]銅メダルの自信をもって“今年の目標”の全米へ
[22:46 8/30] エンタメ
至福の一皿も!山崎童々、グルメマンガ発売イベントでツレヅレハナコと語る
[22:32 8/30] ホビー
「SUPER LOVERS」2期のティザービジュアル公開、公式サイトもリニューアル
[22:29 8/30] ホビー