小嶋陽菜、史上初の快挙! 5.4万部売り上げ、ソロ写真集で2度目の総合1位に

AKB48・小嶋陽菜の写真集『どうする?』(3月24日発売/宝島社)が、6日付けのオリコン週間「本」ランキング(集計期間:3月23日~29日)で、BOOK(総合)部門と写真集部門の2冠に輝いた。

写真集『どうする?』で総合首位を獲得した小嶋陽菜

週間売り上げは5.4万部で、先週まで2週連続で首位を獲得していたピース・又吉直樹のデビュー小説『火花』を抑えてBOOK(総合)部門1位に。2008年4月のランキング発表開始以来、同作のほかに総合首位を獲得したソロ写真集(フォトブック含む)は、前田敦子のAKB48卒業記念フォトブック『あっちゃん』(2012年8月発売)と、小嶋の初フォトブック『こじはる』(2013年12月発売)の3作品のみ。これにより、小嶋は「ソロ写真集での総合首位獲得作品数」で歴代単独トップの座に躍り出た。

また、同作は前出『こじはる』が2014年1月6日付けで記録した週間売り上げ6.1万部、指原莉乃の初フォトブック『さしこ』(2012年1月発売)が2012年1月30日付けで記録した週間売り上げ5.7万部に次ぐ週間売り上げ部数をマークしたことから、「女性ソロ写真集の週間売り上げ部数」でも歴代3位となった。

女性ファッション誌『sweet』で活躍するトップクリエイターが結集し、アメリカ・ロサンゼルスと東京で撮影された同作。LA編ではベニスビーチや砂漠、サンタモニカの街角などで開放的な表情を見せる一方、東京編では「ホテルでの密会」をテーマにシャワーシーンからセミヌードまでをストーリー仕立てで披露している。網タイツにTバックの後ろ姿を捉えた裏表紙も話題を呼んでいた。

先月23日には都内で発売記念イベントが行われ、「久しぶりの写真集で1枚1枚こだわった自信作となっています。ネットなどで売れているみたいなので本当にうれしいです!」と語っていた小嶋。裏表紙については、「写真集の撮影だと思ったらもっと鍛えたのに! 最初は結構大きかったんですけど、みんなが買いづらいから小さくしました」と冗談交じりにエピソードを明かした。

3月23日に東京・新宿の福家書店 新宿サブナード店で写真集発売記念イベントを行った

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事