特許情報プラットフォーム『J-PlatPat』が3/23開始--特許庁

 

特許庁は16日、現在サービスを提供している特許電子図書館(IPDL)を終了し、2015年3月23日より、新たな特許情報提供サービスとして「特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)」を開始すると発表した。

特許情報プラットフォーム(Japan Platform for Patent Information:J-PlatPat)は、意匠および商標を含む特許情報を提供する新たな情報基盤としての役割を担うもの。略称J-Plat(ぷらっと)Pat(ぱっと)にも現れているように、利用者が「ぷらっと」寄って、情報を「ぱっと」見つけられるユーザーフレンドリーなサービスを提供するという。

特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)ホームページ参考画像(出典:経済産業省Webサイト)

ホームページでは、トップページへの簡易検索入力ボックスの配置、入力ボックスへの入力例の表示、作業段階を示すステップチャートの導入などにより、使いやすさを追求。

また、「J-GLOBAL(科学技術総合リンクセンター)」との連携により、特許文献と非特許文献との一括検索が可能なほか、「中韓文献翻訳・検索システム」へのリンクも掲載する。このほか、「色彩」や「音」といった新しいタイプの商標にも対応する。

特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)のホームページは23日9:00より利用可能。「特許電子図書館(IPDL)」は20日22:00をもってサービスを終了する。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

上場企業の平均年間給与は622万3000円、トップ企業は1741万円
[14:22 7/27] 企業IT
Nutanix、ハイパーコンバージド製品のDockerサポートなど新機能を発表
[14:06 7/27] 企業IT
御伽ねこむが第1子出産を報告、藤島康介氏とは「一緒にいて一番の幸せ」
[14:05 7/27] ホビー
駅やホームにポケモン出さないで! 全国のJR・私鉄が「ポケモンGO」に要請
[14:01 7/27] スマホとデジタル家電
メルセデス・ベンツ新型Eクラス発表、自動運転へ"ドライブパイロット"搭載
[13:59 7/27] ホビー